ANAマイルとSFC修行で世界旅

空陸両用ANAマイラーのSFC修行、現実的ノウハウ

【スポンサーリンク】

半永久ステータス ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)とは -SFC修行的視点-

 
 

簡単に言うとですね、

ANAを利用する出張者、旅行者にとって、特典目白押し、垂涎のカード。
一回手に入れてしまえば、もうこっちのもの。
最強の免罪符が一生もの、
的なカードです。
またこうも言い換えられる。
一般人でも自力で手に入るステータスカード。

f:id:tkggle7:20170610152242j:plain
分かりづらいわ!の方、以下をお読みなされ。
ANAのサイトではSFCはこう定義されてるんですね。
【SFC:スーパーフライヤーズカードは
「ダイヤモンドサービス」メンバー、または「プラチナサービス」メンバーのお客様がお申し込みいただけるクレジットカード機能付・年会費有料のカードです。】

まず、重要なのは従来のクレカのように気軽に申し込んで。。。
というわけにはいかない。
ダイヤモンドメンバー、プラチナメンバー以上のANAの上級会員である必要があるわけです。
いや~、なんか少しワクワクします。
選ばれし者のカード。

私もやっとこさ、プラチナをメンバーを達成し、晴れてSFCホルダーになりました。
そのままダイヤモンド修行、ダイヤモンドメンバーにもなりました。

【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

www.anasfcmilers.com

なお、この上級会員様、自腹で飛行機にがんがん乗れる方、若しくは仕事でいっぱい飛行機に乗っている方はすでにSFCも持っている可能性が高いです。
そういう羨ましい方は当ブログには足を運ばす、今頃、機上の人なのでしょう。

かたや、これを普通の方でも自力で手に入れる方法があります。
少し興味湧きません?

このことを巷ではSFC修行注1と呼んでいます。
このSFC修行には費用を抑える、効率的なフライトを選定するノウハウがあります。
関連リンクは本ポストにて後述。

ところでどうでもいいけど、修行。。。 

もっといいネーミングはないものか。

なんか重々しい。苦笑

注1:このSFC(スーパーフライヤーズカード)を手に入れるために、飛行機、場合によっては同じ航路を一日に何度も繰り返す(笑)など条件を満たすべく努力すること、姿がいわゆる修行にも見えなくもないことから「SFC修行」と呼ばれています。
(「ANA修行」、「マイル修行(マイレージ修行)」、「プラチナ修行」と呼ばれることもありますね。)
修行をやっている人をSFC修行僧と呼びます。

ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)ホルダーの特典

・スターアライアンス・ゴールドの資格をキープできる。
SFCは会費を払えば永続的に保有できるので、アライアンス・ゴールドの資格も自動的に永続的に保有できることになります。
これはスターアライアンス提携航空会社のサービス利用時に威力を発揮。

・ANAのフライトマイルが貯まりやすい
ボーナスマイル(一般:35%、ゴールド:50%)が付与。
上級会員の条件をキープしているともっといいです。この付与率はその資格を失ってもSFCホルダーである限り、この付与が期待できるということです。

・空席待ち予約が優先される

・空港でラウンジが同伴者1名共々使いやすい

・ラウンジは航空会社のそれが使える
いつものカードラウンジとは全く別世界。出張帰りのラウンジのビール(無料)は格別です。ハマります。笑
※ 但し、ANA SUITE LOUNGE注2(ANAスイートラウンジ)は使えない。ここはさらに別世界。

・ファーストクラスやビジネスクラスに特典航空券で乗りやすい
みなさん、ANAマイルを持っているからと言って、ファーストクラスやビジネスクラスを特典航空券で簡単に予約して、乗れると思ってはなりません。笑
優先枠なるものが存在します。なのでSFCゲットなのです。

・国内線で当日空席があれば、アップグレードポイントでプレミアムエコノミーへアップグレードできる
国内線、プレミアムエコノミーは体験するとよく分かります。
何だろう、このラグジュアリー感。
これまたハマります。
なお、特典航空券のアップグレードもできる。

・国際線で枠が限られるクラスへアップグレードしやすい

・国内線、国際線で使えるアップグレードポイント注3がANA便に一回でも乗るともらえる

・空港の手続きで人が待っている、例えば「専用保安検査場」が使えるので、時間が掛かるところをすりすり、すり抜けられる

・手荷物の優先受け取りができる
「プライオリティタグ」なるものがつけてもらえ、優先的に荷物が出てくる。
あの、バゲージクレームでずーと、待つ、という必要がなくなる。

・搭乗ゲートでの、優先搭乗のお客様からですよ~の列に堂々と並べる

個人的にはこれも大きかった。あのエコノミーの長蛇の列で待つストレス、ここから解放されたのは大きい。

・スカイコイン(SKYコイン)注4への交換レートが良い
但し、SFC修行僧にはど推奨クレカ、三井住友VISAワイドゴールド保有と変わらない。
後述しますが、スカイコインは修行時にも非常に大事で威力を発揮。

f:id:tkggle7:20161123095320j:plain

・ANA-IHG国内ホテルで朝食、ウェルカムドリンクがただ
更に、ボーナスマイル(一般:35%、ゴールド:50%)もらえる

注2:ANA SUITE LOUNGE(ANAスイートラウンジ)、選ばれし人だけが入れるラウンジ、に入れる方法があった。。。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com注3:アップグレードポイントについてはANAサイトの下記をどうぞ。

アップグレードポイントとは|プレミアムメンバーサービス|ANAマイレージクラブ

当ブログ、下記関連ポストでも解説しています。

【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

注4:スカイコインについては当ブログ、関連ポストでもご確認ください。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

※ プラチナメンバーとの違い
プラチナメンバーになって申し込みをして、SFCホルダーになれるわけですが、プラチナメンバーを維持するためには条件があり、それを維持できなければ下記は適用されないということ。
下記、違いもさほどでSFCホルダーとしての不自由さはあまりないかと。

①ボーナスマイル
プラチナメンバーは1年目90%、2年目100%に対し、SFCは1年目35%、2年目50%となる。

②国内線の優先座席範囲
多分違う、と言われている。
SFCはブロンズと同じくらい?

f:id:tkggle7:20161123093324j:plain

③国内線先行予約
通常搭乗日の2か月前から予約可能だが、プラチナメンバーにはさらに2週間早く予約枠がオープンになる。(電話で予約が必要だが。)
予約が取りにくい年末年始、大型連休いわゆる繁忙期に威力を発揮。

④80,000PP達成特典がある
プラチナメンバーが5万PPから更に3万PP上乗せの8万PPを獲得で、ANA SUITE LOUNGE利用券3枚がプレゼントされる。

残念ながらSFC保有ではANA SUITE LOUNGE(ANAスイートラウンジ)は使えない。
ダイヤモンドメンバーには6枚付与されるが、ダイヤモンドにならずとも、SFCホルダーとなるための5万PPから上乗せ3万PPやればもらえるということ。

それにしても、ANA SUITE LOUNGE(ANAスイートラウンジ)、あの人を寄せ付けない雰囲気。

好きです。笑

⑤継続ボーナスマイル
プラチナ:プレミアム12,000、ゴールド・一般:4,000
SFC:プレミアム10,000、ゴールド・一般:2,000

⑥ANAアップグレードポイント
アップグレードポイントは前年度のANAグループ便(他のスターアライアンスではだめ。)の搭乗実績、PP:プレミアムポイント注5に応じて付与。

ANA便対象PPが25,000で8pt。50,000PPだった場合は20ptが付与。
かたやSFCは一度でもANA便に乗れば4アップグレードポイントがもらえる。乗らないともらえない。でもSFCは保有し続けられる。ということ。

注5:プラチナメンバーの達成は50,000PPが条件。
但し、そのうち、ANA便は25,000ptまでとなっており、それ以外のスターアライアンス便での搭乗も条件に加味される。よって、この25,000PPという条件設定がある。
路線別のポイントも当ブログ、関連ポストで確認いただけます。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

 

【スポンサーリンク】
 


繰り返しますが、このカード、
年会費さえ払い続けていれば
一生これらのANA上級会員の資格を維持できる。

ここれがかなり重要なポイント。

毎年更新されるダイヤモンドやプラチナメンバーの資格条件を失っても維持できる。

多少ご存知の方、ANAやJALには会員ステータスがあって、それを維持するために飛行機に乗り続けないといけないというプレッシャーを感じてませんか?

それが不要なのです。一度、1年間の期限内に頑張って飛行機に乗れば手に入る。

JALのステータスを一時期持っていたことがあったけど、出張減ったら見事に失効しましたからね。あっさりと。

そんなことがなくて、更にもっといいことがある。
これはゲットするしかないっしょ、なのです。

更にANAのちゃんとしたサイト説明は下記公式サイトを確認してちょうだい。 
【関連リンク】

www.ana.co.jp

SFCをお金を掛けずに手に入れる方法

ところで肝心の「ダイヤモンドサービス」メンバー、または「プラチナサービス」メンバーにどうすりゃなれる、をもう少し解説。

先に少し触れましたが、まずANAの飛行機に実際に乗って得られるプレミアムポイントなるものをゲットしていかなければなりません。
(これ特典航空券で乗ってしまうと、プレミアムポイントはいただけません。この点、重要。)

で、どのくらい乗ればいいかというと、プラチナメンバー達成するなら

1年間で
羽田-伊丹間なら26往復、那覇間なら9往復
くらいです。

簡単に言っちゃいましたけど、
お金にすると50万円くらいから70万円以上になる場合もあります。
(ポイントが効率的に取れる路線があるので少し幅がある。)
これを自腹で払える方はお先にどうぞ。

おいおいいきなりハードル上がってねーかー?って方、もう少しお付き合いください。
実はお金を支払うことなく、特典欄にも記載したスカイコインなるANAが準備している疑似通貨でのフライトも対象になります。
このスカイコインはANAマイルからも交換ができます。

後は触れないわけにもいかないので、
ANAグループ運航便のご搭乗で100万ライフタイムマイル獲得した場合は、「ダイヤモンドサービス」「プラチナサービス」のステイタスを問わず、申し込める。

。。。。。

さて、整理すると、

まず、ANAの飛行機に乗る必要がある。

お金を支払うか、スカイコインにて支払うフライトにより、プレミアムポイントがいただける。

一定(プラチナなら50,000pt)のプレミアムポイントが貯まると、晴れてプラチナメンバー以上になり、SFCが申し込める。

ANAマイルはスカイコインへ交換が可能。

よって、とりあえずはANAマイルをとにかく貯める必要がある。

そして、ANAマイルは飛行機に乗らなくても、コストを抑えて貯めるノウハウがある。
詳しくは当ブログの関連ポストで確認ください。
すぐに始められます。特に資格もありません。これがSFC修行僧の王道、ANAマイルの貯め方のベースになります。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

www.anasfcmilers.com

 

本ブログでは飛行機に乗らず(乗ってもいいのですよ。笑 私は空陸両用なので、その分有利。出張者には是非是非チャレンジすることをオススメします。)、ANAマイルを貯めて、それを元手に飛行機に乗って、SFC(スーパーフライヤーズカード)をゲット、その後もANAマイルを安定的、且つ継続的、コストミニマム化で快適な空の旅を満喫することを目標としています。

【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

www.anasfcmilers.com

www.anasfcmilers.com

ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)の種類

この中から選ぶんです。

そして、SFC。家族カードも作れるんです!

ANAスーパーフライヤーズカード(一般カード)


JCB・VISA・マスターカード

クレジットポイントからマイルへの移行(本会員)

・移行手数料(年間)
10マイルコース :
5,400円(JCB)
6,480円(VISA・マスターカード)
5マイルコース:無料

・換算率
10マイルコース:1,000円=1ポイント=10 ANAマイル
5マイルコース:1,000円=1ポイント=5 ANAマイル

ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード


f:id:tkggle7:20170924130605j:plain JCB・VISA・マスターカード

クレジットポイントからマイルへの移行(本会員)

・移行手数料(年間)
無料
・換算率
1,000円=1ポイント=10 ANAマイル

※ ANA JCBスーパーフライヤーズ ゴールドカードで事前に、「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の料金を支払った場合、海外旅行傷害保険の最高補償額は1億円。カードでの支払いがない場合には最高補償額は5,000万円となる。国内航空傷害保険はカード支払いの有無にかかわらず5,000万円となる。

ANAダイナース スーパーフライヤーズカード


ダイナース

クレジットポイントからマイルへの移行(本会員)

クレジットポイントからマイルへの移行(本会員)

・移行手数料(年間)
無料
・換算率
100円=1ポイント=1 ANAマイル

※ 海外旅行保険および国内傷害保険とも、ANAダイナース スーパーフライヤーズカードで事前に「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」などの料金を支払った場合の保険金額。カードでの支払いがない場合には、海外旅行保険および国内旅行傷害保険の最高補償額は5,000万円となる。

ANAアメリカン・エキスプレス


スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード

クレジットポイントからマイルへの移行(本会員)

・移行手数料(年間)
無料

・換算率

ANAグループでのご利用:100円=2ポイント=2 ANAマイル
その他のご利用:100円=1ポイント=1 ANAマイル

※ 海外旅行傷害保険については国際航空券やパッケージ・ツアーの代金などをANAアメリカン・エキスプレスR・スーパーフライヤーズ・ゴールド・カードで支払った場合の傷害死亡・後遺障害補償金額となります。国内旅行傷害保険についてはカードでチケットを購入した公共交通乗用具に搭乗中の事故などによる傷害死亡・後遺障害補償金額となる(いずれも本会員本人の補償金額)。「国内航空傷害保険」は付帯されていないが、「国内旅行傷害保険」として補償している。海外旅行の場合、本会員本人は、カードで支払わない場合でも、傷害死亡・後遺障害補償金額最高5,000万円の「海外旅行傷害保険」が自動付帯される。補償内容、保険適用条件につきましては、補償規定をご確認要。

ANA JCBスーパーフライヤーズカード プレミアム


JCB

クレジットポイントからマイルへの移行(本会員)

・移行手数料(年間)
無料

・換算率
1,000円=2ポイント(うち1ポイントはボーナスポイント)=13 ANAマイル

ANAダイナーススーパーフライヤーズ プレミアムカード


ダイナース

クレジットポイントからマイルへの移行(本会員)

・移行手数料(年間)
無料

・換算率
100円=2ポイント=2マイル

ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード


VISA

クレジットポイントからマイルへの移行(本会員)

・移行手数料(年間)
無料

・換算率
1,000円=1ポイント=15 ANAマイル 

ANAアメリカン・エキスプレスR スーパーフライヤーズ・プレミアム・カード


American Express

クレジットポイントからマイルへの移行(本会員)

 ・移行手数料(年間)
無料

・換算率
ANAグループでのご利用:100円=2.5ポイント=2.5 ANAマイル
その他のご利用:100円=1ポイント=1 ANAマイル

※ 海外旅行傷害保険については国際航空券やパッケージ・ツアーの代金などをANAアメリカン・エキスプレスR・スーパーフライヤーズ・プレミアム・カードで支払った場合の傷害死亡・後遺障害補償金額となる。国内旅行傷害保険についてはカードでチケットを購入した公共交通乗用具に搭乗中の事故などによる傷害死亡・後遺障害補償金額となる(いずれも本会員本人の補償金額となる)。「国内航空傷害保険」は付帯されてないが、「国内旅行傷害保険」として補償。海外旅行の場合、本会員本人は、カードで支払わない場合でも、傷害死亡・後遺障害補償金額最高5,000万円の「海外旅行傷害保険」が自動付帯される。補償内容、保険適用条件は、入会後届けられる補償規定にて確認要。 

※1 入会時のボーナスマイル スーパーフライヤーズカード プレミアムに新規ご入会、またはANAカードなどの他のカードからスーパーフライヤーズカード プレミアム切替時、10,000 ANAマイルのボーナスマイルが積算される。ボーナスマイルは、年会費お支払月の翌月に積算される。※家族会員は対象外。
※2 ご継続時のボーナスマイル ご入会の翌年度以降もスーパーフライヤーズカードを継続すると、毎年ご継続時にカードの種別に応じてボーナスマイルが積算される。ボーナスマイルは、年会費お支払月の翌月に積算される。
※ 家族会員は対象外。
※ ご継続時のボーナスマイルは、年会費をクレジット会社指定の期日までに支払した場合に対象。
※3 特別ボーナスマイル 「ダイヤモンドサービス」、「プラチナサービス」、「ブロンズサービス」メンバーは、カードご継続時のANAカード継続ボーナスマイル(カード プレミアムのメンバーは10,000 ANAマイル、ゴールドカードのメンバーは2,000 ANAマイル)に加え、2,000マイルの特別ボーナスマイルが積算される。ボーナスマイルは、年会費お支払月の翌月に積算される。
※ 家族会員は対象外。
※ 継続時のボーナスマイルは、年会費をクレジット会社指定の期日までに支払った場合に対象。
※4 フライトボーナスマイル積算率 「ダイヤモンドサービス」、「プラチナサービス」、「ブロンズサービス」のステイタス継続状況により、積算率がアップ。なお、スーパーフライヤーズカードを利用したメンバーが、「ダイヤモンドサービス」「プラチナサービス」「ブロンズサービス」のステイタスを持っている場合は、積算率の高い方のみが適用される(合算はされない)。
※ 家族会員も対象。 

さらに注意事項


・各ANAスーパーフライヤーズカードには、「国内航空傷害保険」と「海外旅行傷害保険」が付帯されている。また、「国内旅行傷害保険」は、ANAスーパーフライヤーズカード〈一般カード〉には付帯されていません。なお、利用航空会社の制限はない。

・ANAカード付帯傷害保険の補償内容、保険適用条件など詳細はANAカード付帯傷害保険のページを確認要。
【関連ポスト】
www.anasfcmilers.com

【スポンサーリンク】
 

 
マイレージ情報はこちらからも確認できますよ。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
(PCの方、+CTRL押しでリンク先に飛びません。)


f:id:tkggle7:20170826120500j:plain
 f:id:tkggle7:20170924130605j:plain 年間200万P以上を貯めて毎日ANAマイルに換える
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain ANA、SFC修行のためにまずやった6つのこと
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)とは
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain
 ANAマイルが貯まらないというあなたへ
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain
 新幹線宿泊出張でもANAマイルが断然貯まる
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain 国内ANA旅割の予約・発券 裏技集
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain 欧州ビジネスクラス往復、格安10万円で
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain ファーストクラスを格安で手に入れる方法