ANAマイルとSFC修行で世界旅

空陸両用ANAマイラーのSFC修行、現実的ノウハウ

【スポンサーリンク】

FXかー、ポイントでかいし、SFC修行にはやんないとだめ?の件

f:id:tkggle7:20161022133613j:plain

SFC修行注1のためには高ポイント付与のFX取引案件はこなしたい。
リスクばかり強調するのではなく、どう対処すべきかを解説します。

FX案件はちょびリッチやハピタスなんかで見てても高額案件。
やったことある人はふ〜んだろうし、やったことない人はなんだなんだ?
訳も分からずサイレンが鳴り響く?

だけども、SFC修行のためには大きくポイントを稼いでANAマイルに繋げたい。
FXはリスクも伴うだけに、あんまり大手を振って推奨というわけにもいかんのです。
かと言って危険ばかり煽ったり、具体的な方法を示さないのもなんだかな。。。ということで、どんな風にやるの?を解説したいと思います。

よいこのみなさんは決して、これでFXを熟知したと思わないようにね~。
でも理解が進む一助けになることを期待します。

で、まず心構え。みなさん、いい大人なんだから私めが心構えというのもおこがましいですが、お気持ちはお察しします。笑
わたしも最初、なんかきんちょーしたもん。みんな同じです。

注1:SFC修行とは、なら当ブログ、関連ポストにてご確認ください。
FX案件で得られたポイントはANAマイルへ換えて、ANAフライトをこなすことでSFC(スーパーフライヤーズカード)ゲットです。もう最強です。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

なお、FX口座開設はポイントサイト注2経由が鉄則。
これ大事。

SFC修行僧、陸マイラー人気No.1はげん玉ではなくハピタス。
『無料』簡単会員登録がまだな方はこちらからどうぞ。

【関連リンク】:

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

当ブログからの登録が直接ポイントサイトから登録するよりもお得。まずハピタスからの登録を推奨します。理由は紹介制度が充実だから。自分だけで頑張んなくてもポイントが貯まりやすい。
注2:ポイントサイトって何?って方は当ブログの関連ポストをご覧ください。

【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

 FXは避けて大きくポイントを稼ぎたい人。FXやって、さらに稼ぎたい人はこちらもどうぞ。FX、別にやらなくてもいいんですよ。他にも方法はいっぱいありますから。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

心構え

・何事にもはまりやすい人は気を確かにする

・目的をはっきりさせる(いっちょ、儲けるか~って人を否定しませんけどね~)

・理由なく素人が手を出すもんじゃない、と思わない

・何が何でも黒字にするとか思わない

・リスクを最小限にしたければさっさと売買決済する

・経済指標特に米国の重要指標発表注3時での取引は控える。その前にさっさと終える

とにかく米国がどの通貨にも大きく影響しがちです。
向こうの市場が開く前にさっさと終えましょう。
日本や欧州で市場インパクトのある大事件が起こってる時は君子危うきに、です。
特にテロ関連。その時点で乱高下してると思いますし。笑

それと、取引は基本平日です。日本株などと違い、為替は世界の市場が相手になり、日本の市場が閉じても、欧州市場、米国市場と取引を継続できます。
一日の終わりはニューヨーク市場で、日本では翌日の午前6時頃(ここでサマータイムは考慮してません。)になります。

注3:主な米国の重要経済指標が下記となります。
これらの発表を控えている当日、数日前。市場はナーバスになります。ご注意。
通常、FXサイト(取引画面)でも取引前にこの辺の情報は確認できますので、ご確認ください。
GDP成長率、ISM製造業景況感指数、ISM非製造業景況感指数、失業保険申請件数、失業率、消費者物価指数(CPI)、個人消費価格指数(PCE)、耐久財受注、非農業雇用者数、小売売上高、消費者信頼感指数、住宅着工件数、中古住宅販売
発表時間は日本時間の21:30(サマータイム)か、22:30が多いです。とりあえず、日本時間で言うと21時から23時の間と思えばいいでしょうか。なので、21時前までに取引をさっさと終えることをオススメします。
ニューヨークとの時差はこちらで確認しましょうね。日本時間から逆算することもできますよ~
後、ニューヨーク市場のクローズから日本市場が開く前の間も結構値動きが大きい印象ありです。要は早朝6時から9時までですね。取引は平日、休日もどこかの市場が開いているので取引は基本的にOK、でも米国の休日前とか値動きが大きくなる印象です。後はFX関連の情報サイトで集めてみてください。

やり方

・ポイント付与の条件を抑えましょう(もちろん、新規口座開設が条件ですよ。)

・ハピタス、ちょびリッチ経由で、案件探して「サイトに行く」、「ポイントを貯める」ボタンを押して開設ですよ。
これ忘れると、ただのFX口座開設ですよ~ 気をつけて。

【関連ポスト】
www.anasfcmilers.com

ところで、あんまし聞いたことないFXは一応、ハピタスのレビューなり、ネットで「◯◯◯証券 評判」とかでググってみましょう。
そんなに粗悪な業者はないと思うけど、こういう作業はしっかりと手順を踏むことも大事かなと。
実際、こいつはやめとこ~とか思ったのもありますしね。。。
あんまりメジャーじゃなかったり、システムが安定してないと思うように売買できないリスクも多少あります。

・入金する

【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

・取引通貨を決める
通常はUSドルとかユーロでしょうな。通貨でトリッキーなもの選ぶ必要はないからです。
選んでもいいんですよ、別に。

・必要取引を終え、入金したお金をすぐに引き落とすとか、しないようにね。
もろ、ポイント狙いでしょ。苦笑
ポイント付与されない条件にありますから。ここではFXをちゃんとやりましょう。
と言っておきます。
ちなみに、ということは、余裕資金ないと、何件も一気にこなせない、ということを意味する。 

1件、最低5万円の入金は必要になる。もっと入れた方がリスクは減ります。(端的に為替変動の影響を受けづらい。受けると証拠金不足で売買できない場合もあるので。しやすくするために10万円くらい入れてもいいと思いますよ。)

さてさて指定された条件をクリアした後はどうするのか。

。。。待つんです。

とにかく、ひたすら。

反映するのに数ヶ月掛かるのもある。

なので、活動的にも早めに仕掛けて、短期にはショッピングやグルメのモニター案件(ミステリーショッパー)に充てるというのが、スマートかと思います。

FXはやらないと決めるのも、選択肢。ただ、やる気があるなら判定に時間が掛かることを理解して、どうするか、わかりますね?

さあ、始めましょう。

・PCの前に座る。スマホを握る。
心配な人は、どちらかがだめになった時、バックアップですぐに立ち上げられるように両方、準備が無難。やらなくてもそういう慎重さが大事。
具体的なやり方はこちらでどうぞ。

【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

 止め時、情報はこちら。笑

www.anasfcmilers.com

【スポンサーリンク】
 

基本的な用語を覚えましょう 

新規注文と決済注文
この手の取引では売りだの買いだとという言葉を使いますが、もう少し厳密に言うと、売り買いもあれば、買いから売りという取引方向もある。
よって、新規に注文を出す場合、新規注文(売りから入る場合もあれば、買いから入る場合もある。)と呼び、その注文を終わらせたければ決済を行う、これを決済注文と呼び、これらの言葉使いが適切。


・ロスカット 

※説明が長くなりますので先に言っておくと付与条件をまずはクリアすることを考えるとこれらのことにあまり関係せず、ちゃっちゃと作業を行うことが肝要です。
端的に言うと例えばロスカットが発動するような状態に持ち込まないということです。

ロスカットとは、相場の急変が起こり損失が膨らんでしまった時に、資産を守るためにFX会社が強制的に取引を終了させる制度のこと。
みなさんの大事な資産を守る安全弁とも言える。
ロスカットの発動タイミングは、一般的に証拠金維持率が設定されたロスカット基準(業者によって違う所も)を下回った時。

各FX会社のロスカット基準 ※最新の情報は各Webサイトなどで確認してくださいね。

外為どっとコム:証拠金の100%以下で発動

GMOクリック証券 :証拠金の50%以下で発動

SBI FXトレード:証拠金の50%以下で発動

DMM FX:証拠金の50%以下で発動

みんなのFX:証拠金の100%以下で発動

ワイジェイFX証拠金の50%以下で発動

外為オンライン証拠金の20%以下で発動(L25コース)

ヒロセ通商:証拠金の100%以下

トレイダーズ証券:証拠金の100%以下

例えば、ロスカット基準以外にマージンコールというものもある。
仮にロスカット基準30%、マージンコール50%とした場合、まず証拠金維持率が50%を下回った時点で、FX会社からマージンコールという証拠金の追加を求めるお知らせが来る。

そこで対応せず(まぁ、見逃すことが多いですね。)さらに損失が膨らみ、証拠金維持率が30%を下回ると、ロスカットが発動仕組みになっている。
ロスカットが執行されると、コンピュータが自動的に決済する。
これによって、基本的には証拠金以上の損失は出ないようになっている。
つまり不足金が発生したり、借金をしたりすることはない。

ただし、為替レートが急激に変動した場合には、実際に執行されるレートが、ロスカットの水準から大きく離れてしまうことがあり、その場合には、預け入れた証拠金以上の損失が発生することもある。これがリスク。

ロスカットは、証拠金の大半を失う強制決済。
これを避けるためにも、証拠金に余裕のある取引を心がけ、レバレッジを高く設定しすぎないようにする。これがリスクヘッジ。
前述の値動きが大きくなる可能性がある時にはやらない、もリスクヘッジ。

実際の例でもう少し考えてみる。 

ロスカット基準:30%

口座への入金金額:50,000円

ポジションを持った時:米ドル円 1Lot(10,000ドル)を、1ドル=100円の時に買いの新規注文

レバレッジ:25倍

ポジション必要証拠金:40,000円

ロスカット発動:純資産額がポジション必要証拠金の30%に相当する12,000円以下

ロスカット発動するポジション必要証拠金 40,000円 X ロスカット基準 30%
= 12,000円:証拠金維持率が30%となる場合の純資産額

つまり、建玉評価損益が-38,000円となった時点で、証拠金維持率が30%となります。
証拠金維持率が30%となる場合の純資産額 12,000円 - 預託証拠金残高 50,000円
= -38,000:証拠金維持率が30%となる場合の建玉評価損益

証拠金維持率がロスカット基準以下になる為替:1ドル=96.2円以下

1ドル=100円、1lot=1,000,000円(1lot=10,000通貨)、1ドル=100円から96.2円になると、
962,000円 - 1,000,000円 = -38,000円:評価損益

 

ロスカット基準:100%

口座への入金金額:500,000円

ポジションを持った時:米ドル円 10Lot(100,000ドル)を、1ドル=100円の時に買いの新規注文

レバレッジ:25倍

ポジション必要証拠金:400,000円

ロスカット発動:純資産額がポジション必要証拠金の100%に相当する400,000円以下

ロスカット発動するポジション必要証拠金 400,000円 X ロスカット基準 100%
= 400,000円:証拠金維持率が100%となる場合の純資産額

つまり、建玉評価損益が-100,000円となった時点で、証拠金維持率が100%となります。
証拠金維持率が100%となる場合の純資産額 400,000円 - 預託証拠金残高 500,000円
= -100,000:証拠金維持率が100%となる場合の建玉評価損益

証拠金維持率がロスカット基準以下になる為替:1ドル=99円以下

1ドル=100円、10lot=10,000,000円(1lot=10,000通貨 x 10)、1ドル=100円から99円になると、
9,900,000円 - 10,000,000円 = -100,000円:評価損益

 ロスカットを防ぐには?
(ロスカットは安全弁だけど、勝手に決済する、といえなくもない仕組みです。)ロスカットを防ぐには、マージンコールが来た時点で、証拠金を追加するなどの処置をすると良い。
ほかに、損失の拡大を防ぐために、あらかじめ逆指値注文(損切り)をしておくことも有効な手段となる。

また、レバレッジが高すぎると、リスクも同様に高くなる。
万が一の急激な値動きに備えレバレッジは抑えておくことをオススメします。(というのが一般的な模範回答です。) 


レバレッジ(Leverage)「レバー(lever)」を語源にして作られた言葉。
レバーとは梃子(テコ)と言う意味で、テコを使うと実際持つ力より何倍もの力を発揮することができることから意味が派生し、「レバレッジ」とは、実際持っている資金の何倍もの力で取引を行うことができる。

つまり、通常は100円の資金を持っている人は、100円で取引できるのが普通ですが、「レバレッジ」を使う事により、その100円で200円、400円と言った金額の取引ができるようになる。
100円の資産の人が、100円の取引を行った場合のレバレッジは1倍となり、400円の取引を行った場合は100円に対して4倍の取引を行っているので、レバレッジは4倍と言う事になる。

具体的には、レバレッジを使うと資金の何倍もの取引を行うことができるのは、「自己資産を担保としてお金を借り入れて取引する」ためで、例えば資産100円の人が、現在日本のFX会社で最大レバレッジである25倍を利用して取引をしたと仮定します。

すると、

100円(実際の自己資産)×25倍(レバレッジ)=2,500円

となり、

2,500円(取引高)-100円(自己資産)=2,400円(借りてきた資金)

となり、2,400円を借りてきて取引を行ったと言うことになる。

もしも、100円の自己資産で10%の利益を出していたとすると、利益は100円の10%である10円となります。しかし、今回の例の場合、レバレッジ25倍を利用して自己資産の25倍の取引を行っているので、

2,500円(レバレッジを利用した取引高)×10%(利益率)=250円(利益)

となり、自己資金100円の人が250円もの儲けを出したことになる。


 ・スプレッド
買い取引時の為替レートと売り取引時の為替レートの差です。簡単に説明すると「FX会社の取引手数料」のようなもの。
FXをやる側において手数料は、あまり大きな要素ではない。
手数料は1ドル当たり0.3銭(0.003円)と非常に安いからですね。
1lot(約100万円:1ドル=約100円として)を取引しても、取引コストとしての手数料は、たったの30円(1万通貨×0.003円=30円)で、それ以外のコストは一切発生しない。


・1lot取引(1ロット取引)
ドル円で取引する場合、1万通貨が1lot(ロット)ということになっている(他の通貨組み合わせでは10万通貨が1lotの場合もあり。)つまり1ドル=100円とすると、1万ドル=100万円の取引を「1lot取引」と言っているわけ。

ほとんどのFX案件では、この1lot取引1回(1回と言っても新規注文を決済しないといけない、売り買い、若しくは買い売りが1セットなわけなので、厳密には取引は2回)を最低条件としているケースがほとんど。
これが30lotというと、30回の取引、この場合往復を2回と数えて、売り買い1セットで15回でOKという場合もあり、そうじゃない場合、後はまとめて30lot、3000万円の取引をやってもOKという場合もある。
この辺は個々の付与条件で要確認。

さて、100万円を準備しろと言われれば準備できる方がほとんどだと思われるが、ちょっとよいしょ要りますよね。
なのでレバレッジで取引を行うことになります。
前述の通り、レバレッジを上げれば上げるほど、為替の変動に対するリスク、少しの変動で損をする額が増える。これは感覚的に理解すればいいでしょう。

なのであんまり変動を気にせずクリアしたいならレバレッジを下げて、その分証拠金を増やしてやる。
ということになりますが、前述の通り、付与条件をクリアするために何をすればいいか考えるとこれらの点もあまり悩んでも仕方がないということがわかるでしょう。

話はそれますが、ポイントサイトのFX案件と付与条件について少しここで触れておきます。

例えば、各ポイントサイトではFXは高額案件ですので、下記のような特集を組んでいることが多いです。
また無料案件などもあり、この辺はしっかりと抑えておきたいところになる。
↓ ハピタスのFX案件はこちらで見てみてください。
ちょびリッチでもいいかもしれません。
FX特集 | ポイントサイトなら高還元率のハピタス|ネットショッピングでお得に貯めて現金やギフト券に交換

・FX付与条件例(あくまでもハピタスです。) DMM.com証券

【ポイント獲得条件】

新規口座開設 + 申込日から60日以内に初回一括5万円入金、新規1lot以上取引完了
※一括で5万円の入金が必要です。← 一括入金って珍しいですね。
※60日以内に1lot通貨の新規取引で対象
※PCから申し込んでSPで取引いただいても対象となります。(逆も対象)
※法人口座も対象となります。

【ポイント却下条件】
虚偽・いたずら・重複・不正・同一データの複数回申込、入力データ不備
・一括で5万円以上の入金をしていない場合・不当な行為で発生したもの
・既にDMMFX/CFDに口座をお持ちのお客様・申込履歴がある方
・デモ口座をお申込されたお客様(本取引口座のみ対象です)
・ポイント目当てと判断された場合
・ポイント付与する段階で全額出金処理(再度入金も対象外)をされているもしくは口座解約をされたお客様(2014/10/2追記)
・口座開設申込後、60日以内に1lot以上の取引がない場合(2014/10/6追記)
・同一人物・同一世帯に準ずる複数お申込をされたお客様
・広告経由の申込履歴が取れなかった場合(JavaScript、Cookieが無効になっている場合等)
・広告主にて不適切と判断した申込などは不可
・同一IPアドレス、同一のパソコン・スマートフォン等から複数回お申込

※こちらの広告のポイントに関するお問い合わせを弊社に頂く際には、8桁の「お客様番号」が必要となります。
「お客様番号」を明記の上、お問い合わせ下さい。
※以前のお客様番号は「00」、「10」、「20」 から始まる7桁の数値の組み合わせ

※万一ハピタスポイントに関するお問い合わせを広告主に直接問い合わせをされた場合、退会処置とさせていただく場合もございますので、ご注意ください。

それにしても直接問い合わせると退会ってなんだろね。こ、怖い。
いや、もしかして何か言ってはだめな秘密がある? 笑

・FX付与条件例(あくまでもハピタスです。) マネックスFXプレミアム

【ポイント獲得条件】

新規口座開設+取引完了
※新規口座開設後、60日以内に10万通貨(往復)← 売り買い20回。以上のお取引を完了された方が対象となります。
※10万通貨の取引を累積で対象となります。
※法人様の口座開設は獲得対象外となります。
※マネックス証券の口座をお持ちでもポイント獲得対象となります。
※FXPLUSの口座をお持ちの方でもポイント獲得対象となります。
※マネックス MT4の口座をお持ちの方でも獲得の対象となります。
※対象商品:マネックスFXプレミアム

【取引例】
注文1万通貨+決済1万通貨=2万通貨 ×5回(10万通貨)

【ポイント却下条件】
・虚偽・不正・いたずら・申込内容不備
・お申し込み日から、60日以内に累積10万通貨以上のお取引がない場合
・旧FXプレミアム口座の口座保有者
・マネックスFXプレミアム口座以外の申込
・法人口座の申込
・同一IP、同一アドレスによるお申込み
・重複申込(一度解約し、再び口座開設を申込む場合を含む)
「スタンダード口座」申込からの「旧FXプレミアム口座」の申込・成りすましや名義貸しなど当社が不適切と判断した場合などは不可
※判定がでるまでに出金した場合は、対象外となる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※マネックスFXプレミアム上のキャッシュバックキャンペーンも対象となります。


・スリッページ
スリッページとは注文の瞬間のズレをどれだけ許容するかということ。
注文した際に実際の為替がその瞬間に変動している可能性がある。

例えば、4銭まで許容するという設定にし、100円で新規注文、或いは決済を実行した場合、実際には処理上100.04円(99.96円も。)までなら新規注文、或いは決済が実行されるということ。

急激に為替が変わる状況でない限り、FX会社が予め設定しているデフォルト値で特に気にすることはないと思いますが。逆にこの値、厳し目(少ない値)に設定すると売買できない可能性も出てくる。
2pipsに設定した場合、100円で注文を実行した瞬間に100.05円になってしまえば、注文は実行されない。


・建玉
たてぎょくと呼びます。取引約定後に反対売買されずに残っている未決済分、もしくは未決済になっている契約総数のことをいいます。


・Ask、Bit
買値と売値 のことです。 

【スポンサーリンク】
 

 
マイレージ情報はこちらからも確認できますよ。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
(PCの方、+CTRL押しでリンク先に飛びません。)


f:id:tkggle7:20170826120500j:plain
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain 年間200万P以上を貯めて毎日ANAマイルに換える
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain ANA、SFC修行のためにまずやった6つのこと
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)とは
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain
 ANAマイルが貯まらないというあなたへ
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain
 新幹線宿泊出張でもANAマイルが断然貯まる
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain 国内ANA旅割の予約・発券 裏技集
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain 欧州ビジネスクラス往復、格安10万円で
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain ファーストクラスを格安で手に入れる方法