ANAマイルとSFC修行で世界旅

空陸両用ANAマイラーのSFC修行、現実的ノウハウ

【スポンサーリンク】

2017に向けてSFC修行って方、必見。なんか、ソラチカが延長入会キャンペーンやってる。。。 【Rev1.0】

f:id:tkggle7:20161023141828j:plain陸マイラー御用達、SFC修行のお供、ANAマイル交換にはなくてはらないソラチカカードがキャンペーンやってます。今までよりすごいの。。。

クレカ情報調べてキョロキョロしてたら見つけた。
非常に見つけづらい。(苦笑)キャンペーン張るってことはもっと勧誘したいんだよね?なんでもっと目立たせないの?と嘆いても仕方ないので、とりあえず短時間で情報アップ。
下記は今までの。馴染みありますね。今回もあり。

f:id:tkggle7:20161023143614j:plain

こっちがなかなかのもんです。

f:id:tkggle7:20161023143906j:plain

※「支払い名人」の登録期間とはこの期間内に指定されたリボ払いの設定をする必要があるということです。但し、設定していない月はキャンペーン対象とならないため、その月に決済したものは条件の15万円決済の累計対象にはなりません。

この大物2つについて説明しますね。前回は公共料金などの支払いにマイルが付いてましたが、今回はないですね。
代わりにリボ払いに対して大きくOki Dokiボーナスポイントが付与されます。これがそこそこでかい。
まず、指定された期間内に25万円分決済を行えば、4,500 ANAマイル相当のOki Dokiポイントが付与されます。実際には1,500 のOki Dokiボーナスポイントですね。(一方、通常の決済で付くポイント注1は通常獲得ポイントと呼んでいるみたいです。)
Oki Dokiボーナスポイントは1ポイント=3 ANAマイルに移行できるポイントで、直接ANAマイルに変換するとこのレートになります。それで4,500 ANAマイル相当と言っているわけですね。

注1:厳密にはOki Dokiポイントは決済でもボーナスポイントがつく場合もあります。Oki Dokiランドで参加ショップで決済し、加算ポイントが付いた場合などです。Oki Dokiポイントのうち、通常獲得ポイントとボーナスポイントのレートの違いについては下記JCBサイトページの最後「ご注意事項」にも記載があります。

ANA マイル移行サービス | クレジットカードのお申し込みなら、JCBカード

f:id:tkggle7:20161023164806j:plain

 

f:id:tkggle7:20161023165131j:plain

f:id:tkggle7:20161023165142j:plain

で、ここで我々の場合には違うルートを使うと、最大化ができます。

下図、ソレチカルート、メトロポイントへの変換です。X 5倍でその後 X 0.9倍になります。よって、1,500 X 5 X 0.9 = 6,750 ANAマイルとなります。

f:id:tkggle7:20161023165220j:plain

一方、25万円カード決済には、Oki Doki通常獲得ポイントが250ポイント付きます。
(こちらは当然、ソラチカルートには乗せません。10%の目減りが発生します。)
無料1Oki Doki通常獲得ポイント=5マイルを選べば250 X 5 = 1,250
移行手数料5,400円を払って、1Oki Doki通常獲得ポイント=10マイルを選べば
250 X 10 = 2,500となります。

合計では8,000 か9,250 ANAマイルとなりますね。
よって、正確には4,500 ANAマイルではありません。
8,0009,250 ANAマイルです。
プラス1,250 ANAマイルのために5,400円はないですかね。。。

次に20,000 ANAマイルの方ですね。(残念ながら25万円決済とは別にクリア要です。「補足:後述しましたが、これは間違いでした。」JCBディスクに直接、確認しました。「補足:結局別担当ということで別デスクへ裏を取りました。」)こちらも考え方は同じです。やることはリボ払いを指定の条件に設定するということです。
支払い名人に登録し、設定金額を3万円以下の設定にして、15万円以上決済利用する。要は手数料は発生させなさいということです。ちょっと身構えますね。
ここはリスクを冒してリターンがどの程度なのか、考えましょう。
支払い名人、リボ払いの設定は5千円以上1千円単位で指定できます。3万円以下なので30,000円でいいわけですね。で、決済は150,000円を2回こなす。

1ヶ月の金利です。(通常手数料は、15.00%(実質年率))
 30日間なら:15%÷365日×30日=1.23%
支払いはまず、
150,000円-30,000円=120,000円にかかってきます。
 120,000 X 1.23% = 1,476円
次の月、
120,000円-30,000円= 90,000円
 90,000 X 1.23% = 1,107円
次の月、
90,000円-30,000円= 60,000円
 60,000 X 1.23% = 738円
次の月、
60,000円-30,000円= 30,000円
 30,000 X 1.23% = 369円
最終月、
30,000円-30,000円= 0円:完済
利子手数料 1,476 + 1,107 + 738 + 369 = 3,690円
多分計算間違ってないと思いますが、4,000円位ということで。
で、2回で8,000円注2くらいですね。

注2:この8,000円はそれぞれの初回月に15万円決済を行うというMAX額になっています。JCBに問い合わせたところでは期間内に15万円決済があればいいとのこと。例えば、3ヶ月、4万円づつで最終3万円、合計15万円でもいいわけです。これでいくと手数料は更に抑えられます。このシミュレーションは別ポストにて報告します。:追記
※下記で検算やったら若干違った。。。(苦笑)
3,746円だって。むむ、すみません。月日数の違いか手数料を加味しながらやるのかな。。。 本職じゃないもんで。そういう問題でもないか。お許しを~

ショッピングリボ払いのシミュレーション|JCBカード

さてゲットできるANAマイルを考えていきましょか。
1回で15万円、3,334Oki Dokiボーナスポイント X 2 = 6,668 X 5 X 0.9
= 30,006 ANAマイル

20,000マイルじゃないってことですね。更に30万円決済にはOki Doki通常獲得ポイントが300ポイント付きます。
同じく、無料1Oki Doki通常獲得ポイント=5マイルを選べば300 X 5 = 1,500
移行手数料5,400円を払って、1Oki Doki通常獲得ポイント=10マイルを選べば300 X 10 = 3,000となります。

合計では31,50633,006 ANAマイルとなります。
利子手数料とのリーズナブルさ、どうですかね? 8,000円使って、このマイル。
単純にショッピングマイルで考えると3万マイルって300万円決済です。
まあ迷うことはないですね。この期間中、他に大型クレカキャンペーンが張られないことを祈るのみです。

また、条件に関してですが、ポイント付与日までに「支払い名人」を解除、或いは3万円を超える設定元金に変更、またはカードを退会されている場合(これは当たり前か)は対象外になるとの記載もありますので、ご注意。

。。。でここで一つ問題。わたしく、ソレチカカード、もう持ってる。

ということでかみさんを正座せさ、いや、正確には私が正座して話がスタート、完結に必要事項を伝えなくてならない。
緊張が走る。(どーでも良い?)このカードはすご~く大事で「本会員」注3に意味があることを伝えた。快く了解を得た。(一言あんたがやんなさい、と)
ちなみにANAカードはご自分以外、家族カードでもOK注4です。(数百万の決済が家族にあるなら別ですが。)

ここでぜぇーたい外しちゃだめなこと、まとめます。
・カードは新規で申し込み(11/30が受付期限。)

・Oki Dokiボーナスポイントはソラチカルート、通常獲得ポイントはANAへ直接交換

・キャンペーンの登録は忘れずに

・リボ払いは3万円以下に設定。15万円を2回、指定された期間で決済。キャンペーンが終わるまで設定を変えてはなりません

・リボ払いで発生する手数料はmin 8,000円程度

25万円決済と15万円・2回決済は別条件。「訂正部分:15万円・2回決済をうまく25万円決済の期間内に処理できれば、更にに25万円の決済条件クリアは不要。」2つのポイントゲットには2つの条件をクリアする必要あり。 問い合わせ先が悪かったのか誤情報でした。

・15万円決済は指定された期間内合計の決済となる:追記

・かみさんの手を煩わせず、最小限に。旦那だったらご自由に。

その他特典など詳しくはJCBサイトでもご確認あれ。細かいことは別にして、上記2つの案件を今回は抑えることが重要と考えます。このカードをメイン使いするわけにはいきません。が、必須保有要カードでここまでのマイルは見逃してはなりませぬ。
※このカードはポイントサイト経由はありません。なので下記からダイレクトに申し込みましょう。

[JCB Presents] ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCBキャンペーン申し込み

注3:東京メトロ To Me Card 通称:ソラチカカードが家族でも本会員にならなければならない理由はANAマイルへの交換が家族カードで貯まったメトロポイントではできないからです。
注4:ANAカードは生計を同一にし、同居する配偶者・同性パートナーおよび一親等以内のご家族であればANAマイルを合算できます。代表者となるプライム会員を決め、ファミリー会員は最小1名、最大9名まで登録可能です。このファミリー会員は本会員カードでも家族カードでも問題ありません。
ANAカードファミリーマイル│ANAカードのご案内│ANAマイレージクラブ

【スポンサーリンク】
 

 
マイレージ情報はこちらからも確認できますよ。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
(PCの方、+CTRL押しでリンク先に飛びません。)


f:id:tkggle7:20170826120500j:plain
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain 年間200万P以上を貯めて毎日ANAマイルに換える
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain ANA、SFC修行のためにまずやった6つのこと
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)とは
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain
 ANAマイルが貯まらないというあなたへ
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain
 新幹線宿泊出張でもANAマイルが断然貯まる
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain 国内ANA旅割の予約・発券 裏技集
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain 欧州ビジネスクラス往復、格安10万円で
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain ファーストクラスを格安で手に入れる方法