ANAマイルとSFC修行で世界旅

空陸両用ANAマイラーのSFC修行、現実的ノウハウ

【スポンサーリンク】

SFC修行のためのクレカはANAワイドゴールド(ソラチカ)だけではない。【Rev 1.0】

f:id:tkggle7:20161204091935j:plain


ANA SFC注1(スーパーフライヤーズカード)獲得のために
最低限必要なクレカは
たったの2枚です。

機能で言うとフライトマイルやカード決済で
ANAマイルを貯めるためのものと、
ポイントサイト注2などで貯めたポイントを
ANAマイルへ移行するために必要なカード

の2つ。

何を今更、ソレチカとANA VISA ワイドゴールドでしょ、となるわけですが、今一度、これを再考すべきかなと、思っております。

急に。今。

そこそこすでにANAマイル、貯まってるのに。。。

思いっきり否定している人を見つけてしまったので。。。苦笑

何れにしても、
基本、決済はせずにポイント移行に保有必須がソレチカカード。
これは変わらない。
詳しくは後述しますが、SFC修行注1のため、ANAマイルを貯めたいみなさんに疑問の余地はありません。

で、後もう1枚。
これはカード決済、フライトマイルの最大化などに貢献してくれるものを選択することになる。
更にSFCのベースブランドも意識したい。なので結構重要。

陸マイラー、先人がANA VISA ワイドゴールドをほぼ押し並べて推奨しているわけで、まあ疑うという発想はなかったのですが。

ちょ、ちょっと待てよと。
オイラ純粋な陸マイラー(おかまいらー)じゃないな〜、という想いが今更ながら湧き上がってきたわけです。

結論は別にして、まあ考えてみるのもいいかと、というお話。
ベースブランドのカードとして考えるのはSFC取得後ではなく、今しかない。

注1:SFC(スーパーフライヤーズカード)とは、ANA上級会員が申し込めるクレジットカードのことで、このカードを保有することにより半永久的に特典を享受できるという、他で類を見ない最終兵器クラスのカードです。上級会員の資格を維持することなしに、特典を享受できるということです。
言い換えると、SFC取得後は上級会員の資格を失ってもOK。
実は、私を含む普通の方がこのカードを手に入れる方法があるんです。SFC修行含め、当ブログ、関連ポストをご覧ください。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

注2:何々?、ポイントサイトって?、食べられんの?という方はこちらへどうぞ。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

www.anasfcmilers.com

ANA VISA ワイドゴールドの選択は正しい?

f:id:tkggle7:20161210175633j:plain

ANA VISA ワイドゴールドは

リボ払いと年間決済額によりカード決済の還元率(100円=1マイルってやつですね。)が

他のカードよりも確実に上がる、
フライトのボーナスマイルも付く、
年会費が一般カードと比べてもさほど変わらない、

ということでリーズナブルさも備えたこのカード、SFC修行前にすでに保有していたので我が意を得たり、ってなもんでそのまま使っておりました。

が、ANA AMEX(アメリカンエキスプレス) ゴールドがなんか気になる。
最初に調べるだろ、普通。って思うんですけどね、元来肝心なとこ、いい加減なんだよな〜 苦笑

何が、ってまずANA航空券購入、100円=2ポイント(2 ANAマイル)も付くんです。

ANA VISA ワイドゴールドは100円=max 1.7 ANAマイル付きますけどね。
色々、条件があるんですよ。前述の。
もう慣れましたけどね、少し面倒臭くはある。

なお、この1.7 ANAマイルにするためには年間決済額は300万円の利用が一つの条件。
なので、この比較、年間300万円以上カード利用があるくらいの方が対象となる。
(AMEXの方にはこの縛りはないですが。)また、一部(ボーナス分)をポイントサイトを経由して、ANAマイルへ換えていかないといけない。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

※ ANA系カードではエクストリームとかもありますが、このポストでは扱いません。還元率1.35%とかですが。もうとっちらかりそうなので

で、結論は?

SFC取得後のステータスも考えるとANA AMEX ゴールドにしたいなーと、思っとります。少なくとも、ベースブランドは。
と言いながら、まだ踏ん切りはつけてません。

下記で検討した過程をデータ付きでご説明しておきます。
冒頭の内容で計数的なところの差はさほどないことは察しがつく。
費用面で言うと、ANA AMEX ゴールドは年会費がやっぱり高く付きますしね。
少し裏技もありますが。
一言で言っちゃうと、
多少の特典と見栄を張りたきゃ、ANA AMEX ゴールド。

何れにしても、皆さんの納得あるメインカード選びの一助になれば幸いでございます。

メインカードのブランド変更を変更したら。
↓↓↓ANAのサイトでメインカードの登録をお忘れなく。
【関連リンク】

www.ana.co.jp

選択の基準は何であるべきか

自分の種別はなんじゃろかいな。
ということで考えてみたところ、プロフィールに書いてある「空陸両用」なわけです。SFC修行関連のブログは陸マイラー読者に向けたものが多いわけで、まあなんか少し違和感感じることもあります。

要は自分のスタイルをまず見極めて最適なもの、再考しようということですな。
まとめると、

・空陸両用マイラーである

・出張で飛行機も使うし、新幹線にも乗るし、宿泊もする

・海外出張もたまに行く

・年間決済額は300万円以上にはできる
(ANA VISA ワイドゴールドでの決済で、ANAマイル付与をMAX 1.7%にできる。)

・ネットショッピングもそこそこやる

・SFC修行後、海外出張を羨むかみさんを海外に定期的に連れて行かねばならない

加えて年間ポイントサイトで216,000ANAマイルが作れる状態の方は本ポスト最下部まで読んでくだされ。

さらに、今保有するカードはSFC取得時のベースブランドにすることも想定したい。
考えるべきは取得前だけでなく、取得後も考えるべし、です。
これって最初に考えることなんですけど、なかなかわからんですよ。最初にいきなりじゃ。
でもね。まあ大丈夫です。さほど選択肢が多いわけではない。後から変えたって、どってことないです。

ただ、タイミング的には重要なことがあります。
SFCのベースにしたいANAカード、SFC取得時に一般からゴールドとか、その上のグレードに変えるとか、リスク大きいですからね。変えなら先にしましょう。
審査に落ちるようなことはあんまりないと思いたいですけど。通りやすいのは同一ブランド、グレードです。
一般カードなのか、ゴールドなのか、プラチナなのか。
なので、何れにしても何ブランドをSFCにするか、決めたら欲しいカードは保有しておくのが鉄則です。

主要項目比較


まずは主要項目比較。
これで全て判断するのはちょっとだけお待ちを。
年会費がちょっと違くねーか?ってところとアメックスはポイントが無期限なのね、くらいのもんです。

  ANA VISA
ワイドゴールド
ANA AMEX
ゴールド
年会費(本人) 14,000円 31,000円
年会費(家族) 4,000円 15,500円
SFC年会費(本人) 15,000円 31,000円
SFC年会費(家族) 7,500円 15,500円
継続特典 2,000マイル 2,000マイル
ボーナスマイル 25% 25%

ラウンジや

フライトでの特典

ショッピングマイルは最大1.7%

(ANAカードマイルプラスは別)

カードラウンジが利用可能

ビジネスカウンターでのチェックインが可能

ANAグループ利用で2倍ポイント(2%)

(ANAカードマイルプラスは別)

カードラウンジ、AMEXのラウンジ利用可能

ビジネスカウンターでのチェックインが可能

利用上限 200万円

会員のカード利用状況や

資産状況に応じて設定される。

マイル期限

3年

ポイントも3年

ファミリーマイル合算は可能

3年

ポイントは無制限

ファミリーマイル合算は可能

※ 価格は税抜き。
※ ショッピングマイル 最大 1.7%には条件があり。
↓↓↓ 詳しくは当ブログ、別ポストにて解説しています。

【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

三井住友カード ANA VISAワイドゴールドの年会費はWeb明細とマイ・ペイすリボ利用で4,500円まで、家族会員は1,500円の割引があり。

年会費について少し考えてみる


ただし、数千円レベルの差の話はもういいですね。ここで一般カードとかの比較はもうしません。ご了承ください。

そもそもSFC修行僧には一般カードのメリットはほぼなし。決済額が小さく、飛行機に修行中は乗らないならありえるかもしれませんが。

で、ANA AMEX ゴールドなんですけどね、家族カードが1人無料
家族会員費たっけ〜な〜って思ってたんですけどね。
これで一息つける。
でも、ANA ワイドゴールド(割引特典考慮)と比べると依然、倍。

今回の選定はSFCカードとして維持していかなければならない、ことも考慮が必要。
SFCを取得して数々の特典を得るための唯一の条件が年会費を払い続けていくことを考えると、そこそこの経済力がないとだめ。この点は大事で判断のポイントの一つか。。。

そこで、プチ裏技。
AMEXは年会費は交渉次第である。
特に解約時、AMEXは比較的臨機応変、引き止めるメリットが会員にあるとみるや色々提案してくる。
らしい。

出張フライトで考えてみる


羽田-伊丹、羽田ー福岡の出張をANAフライトにした場合をまとめてみた。
(実際、大阪出張も基本はANAフライトに変えてしまいました。)

ただ、そもそもANA ワイドゴールドをショッピングマイル最大化1.7%までしてしまえば、アメックスとはそんなに差は出ない。

それぞれ年間10回、出張に行くとして、ANA VISA ワイドゴールドとANA AMEX ゴールドとの差は2,670ANAマイルの差。100回行くと26,700ANAマイル。
海外出張も考慮するとして、何回か行ったことを想定しても、数百マイルから数千マイルくらい。
ANAグループでの決済がANA AMEXゴールドは2%だとして、どうだろう。
ANA VISA ワイドゴールドを1.7%で計算していることがフェアでない気もするが、大きく差をつけようとすると、例えばフライトや宿泊の回数を重ねることになる。
その状況が作れる方は、ひいては決済額が増えていく、ANA VISA ワイドゴールドも還元率を1.7%まで持っていきやすくなる。ということ。
そこそこフライトを重ねたとして、10,000ANAマイルの差はそうそうつかない気もする。
年間30,000ANAマイルくらいつけば年会費も許せるかも。
皆さん、どう?

下記は参考まで。

条件:
・羽田ー伊丹、特割1:仮 14,590円、基本区間は280ANAマイル。
修行ではないので、ちゃっちゃと特割買います。笑 なので片道210ANAマイル。

・羽田-福岡、特割1:仮 30,090円、基本区間は567ANAマイル

・ANA VISA ワイドゴールドは最大1.7%の設定とした。ANA VISA一般は決済額は計年間100万円以下、リボ払い設定などにより付与率アップも行わないことにした。

・フライトボーナスマイルは一般で10%、ゴールドで25%、ちなみにSFCゴールドでは40%。
↓↓↓ フライトマイルはANAサイトにシミュレーションができるサイトが準備されています。
関連リンク】:ANAフライトマイル・プレミアムポイントシミュレーション

・特割1の1回(往復)のANAマイル付与シミュレーション(羽田ー伊丹)

  ANA VISA 一般 ANA VISA ワイドゴールド ANA AMEX ゴールド
フライト
マイル
420 524 524
カード
ポイント
291 496 583
ANAカード
プラス
291 291 291
合計マイル 1,002 1,311 1,398

・1回(往復)のANAマイル付与シミュレーション(羽田ー福岡)

  ANA VISA 一般 ANA VISA ワイドゴールド ANA AMEX ゴールド
フライト
マイル
934 1,062 1,062
カード
ポイント
601 1,023 1,203
ANAカード
プラス
601 601 601
合計マイル 2,136 2,686 2,866

・1回(往復)のANA マイル付与シミュレーション(羽田ー上海)

  ANA VISA 一般 ANA VISA ワイドゴールド ANA AMEX ゴールド
フライト
マイル
1,220 1,386 1,386
カード
ポイント
849 1,443 1,698
ANAカード
プラス
849 849 849
合計マイル 2,918 3,678 3,933

予約クラスはエコノミーV/W/S/Tで往復航空券 84,900円、マイル積算率:50%にて行なった。

・1回(往復)のANA マイル付与シミュレーション(成田ーサンフランシスコ)

  ANA VISA 一般 ANA VISA ワイドゴールド ANA AMEX ゴールド
フライト
マイル
5,642 6,412 6,412
カード
ポイント
1,291 2,195 2,582
ANAカード
プラス
1,291 1,291 1,291
合計マイル 8,224 9,998 10,285

予約クラスはエコノミーV/W/S/Tで往復航空券 129,120円マイル積算率:50%にて行なった。

・1回(往復)のANA マイル付与シミュレーション(羽田ーフランクフルト)

  ANA VISA 一般 ANA VISA ワイドゴールド ANA AMEX ゴールド
フライト
マイル
9,126 10,372 10,372
カード
ポイント
2,194 3,729 4,388
ANAカード
プラス
2,194 2,194 2,194
合計マイル 13,514 16,295 16,954

予約クラスはエコノミーU/H/Qで往復航空券 219,400円、マイル積算率:70%にて行なった。

宿泊の決済に使う


カード差はあくまでも決済につくポイント差になる。
これは前述のフライトの時と同じ。
また、ANA AMEX ゴールドはANAグループで購入する場合は2倍となるので、ANAの@ホテル経由で予約すると強みを活かせる。(さらにポイントサイト、ハピタスなどを経由するともっといい。)
そして、ANAカードプラスも別に100円=1ANAマイルがつく。これはANA VISA ワイドゴールドも同じ。決済額が多くなればANA VISA ワイドゴールドも1.7%までの還元率が期待できるのも同じ。

何れにしても宿泊はANA系カードを使う限り、ANAの@ホテルの使用を推奨。
@ホテルについては、当ブログの関連ポストをご覧ください。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

カード決済で考えてみる


ANA VISA ワイドゴールドとANA AMEX ゴールドは年間200万円くらいのカード決済を仮設定。
ここではANAグループ外で使っていることを想定。
(その他、フライト料金に100万円くらいは支払っていることにします。トータル300万円の年間決済額レベルがあるとしたいので。)
なので、年間でカード決済に300万円使っていることが条件。

ANA 一般カード:5,000 ANAマイル(限度額もあり年間50万円くらい。)

ANA VISAワイドゴールド:34,000 ANAマイル

ANA AMEX ゴールド:20,000 ANAマイル

これはやっぱりANA VISA ワイドゴールドに軍配。
これは仕方ない。
ANA AMEX ゴールドはANAグループで購入する場合は2倍。

ワイドゴールドは三井住友カードのワールドプレゼントポインマイ・ペイすリボと年間決済額300万円により、ANAマイル還元率が1.7%になっていることが前提。
年間300万円ってかなり大きい。
でも、ANA AMEX ゴールドと比較を考えている方はこの程度の決済はあるものとしてます。ご容赦。

【スポンサーリンク】
 


AMEXを検討する上で外せないステータスと特典


結局のところ、
ANA VISA ワイドゴールドの最大化メリットがあると、
ANA AMEX ゴールドにするか、しないかはステータスとカードそのものの特典で考えるべきかと。

ということで結論は変わらず。
2015年、価格.comの「国際ブランドを感じるクレジットカード」でAMEXは1位になっている。

 1. アメリカン・エキスプレス:35.7%
 2. ダイナースクラブ:31.5%
 3. VISA:14.6%

これは価値観の問題になるが、このクラスのゴールド以上を選択しようとした時、ステータスや保有していることの優越感は判断材料に入れるべきだと思う。
でなければグレードの高いカードを保有する意味はあまりない、と思いたい。
(最近は色んなカードが出てきていて、異論があることも理解してますが。)

端的に言うと、使っていて気付かれないカードに存在価値はあるのかと。
それと、兎に角、グレードが高けりゃいいかというとそうでもない。

AMEXはプラチナやブラックなんかよりゴールドの方がウケがいいらしい。
みんな知ってるってこと。
気付かれることが重要なのです。笑

支払いの時、一緒にいる女性の眼がうるうるするらしい。ほんまかいな。笑

f:id:tkggle7:20161208221840j:plain

ただし、この場合、プロパーカードに限るという条件がつくかもしれない。

残念ながらANA AMEX ゴールドはさほどかっこよくない。。。涙

たぶん、気付かれない。

さて、その他特典

・支払い時、店員の応対が変わる、らしい。笑
まあ普通に考えてお金を持っているって思うわな。
で、また来て欲しい、応対を変える、のは普通です。
変わらないのはそういうレベルのお店ってこと。

・ビジネスクラスのカウンターでチェックインができる。
これはANA ワイドゴールドと同じ。

・保険関係が手厚い。

・ラウンジ利用できる。
基本はカードラウンジでANA ワイドゴールドと同じになってしまうが、AMEX側の提供するラウンジサービスもある。
同伴者1名まで空港ラウンジ無料、年2回までプライオリティ・パスのラウンジが無料で使える。
これもたまに海外に行くことからも魅力的ではある。

・海外旅行からの帰国時に空港から自宅までスーツケース1個の無料配送。
(成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港)
プロパーのAMEX ゴールドだと、手荷物宅配が行き帰り無料。

・カード裏面に問い合わせ窓口の電話番号が掲載されていて、すぐにつながる。

・ホテルがアップグレードされる、らしい。
これは検証が難しく、都市伝説化している可能性もある。

・車が買える。
無論、ディーラーは限られる。一部のヤナセとか。口座に先にお金を振り込んで、その証明書準備したりとか、面倒臭さはある。
そもそもカード取扱店はカード会社に5%程度の手数料を支払っており、カードで決済されると丸々5%損することになる。(とも考えられる。通常はカード利用ができないとお客が集まらないのでお店側はこの手数料は費用として考える。)ということは5%の値引きしろを加味され、ディーラーと交渉することになる。
ポイントのために5%値引きをみすみす捨てるのか、という考え方もできる。(ポイントは1%ですからね。)

・オンライン、ショッピングプロテクション
ネットショッピングや購入後の商品の不備、破損などの補償がある。

・キャンセルプロテクション
急な出張で予定していた海外旅行に行けなくなる、あるいは入院などで予約していた旅行をキャンセルしたり、チケット購入済みのライブに行けなくなった場合、キャンセル費用を補償してくれる。

・リターンプロテクション
カードで購入した商品の返品を、万一購入店が受け付けない場合に購入日から90日以内にアメリカンエキスプレスに返却すれば、購入金額を払い戻ししてもらえる。
これ意外とでかいかも。

で、最後の最後、私の結論。
f:id:tkggle7:20170610152242j:plain

「Et tu, Brute?」
みんなに謝れ、今すぐ、謝れ!

参考まで、ANA VISAワイドゴールド、ソラチカカードの復習は以下にて。
ANA AMEXカードを再考すべき人についても解説。

ANAカード基本情報


・ANA ゴールド(VISA、MASTER、JCB、AMEXなど)

f:id:tkggle7:20160922140355j:plain

・一般カードとの違い

①フライトボーナスが違う

対象カード ANA便ご搭乗ごとのボーナスマイル
ANAワイドカード
ANAワイドゴールドカード
ANAダイナースカード
ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード
CTBC ANA プレシャスカード
ANA CARD U.S.A.(本会員限定)
ANA CARD HONG KONG(本会員限定)
ANA CARD 全日空信用卡(本会員限定)

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率

×25%

ANAカード(一般)
ANA VISA Suicaカード
ANAカード(学生用)
ANA To Me CARD PASMO JCB
ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード
CTBC ANA プラチナカード
ANA JCBカード ZERO

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率

×10%

ANAカード プレミアム

区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率

×50%

 ②会費が違う
グレードは4つとなります。(VISAとAMEXの違いは前述の通りです。)
 ANA 一般カード(年会費 2,000~7,000円 税別)
 ANA ワイドカード(年会費 7,250円 税別
 ANA ワイドゴールドカード(年会費 14,000~31,000円 税別
 ANA プラチナカード(年会費 70,000~155,000円 税別

幅があるのは契約カード会社によって変わります。
JCBとかVISA、AMEX、ダイナースで。

③毎年、更新で継続マイル2000が付与

④三井住友カード、AMEXのポイントシステムがお得
ワイルドプレゼントポイントと呼ばれる三井住友カードのポイント付与システムで、ポイントをANAマイルに移行できる。
マイルに移行する際、ゴールドカードは無料なんですね。( 一般カードも1pt=5マイルなら移行手数料は無料。普通1pt=10マイルにしたいですよね?)他一般カードは6,000円必要です。
一般カードのJCBやVISAは年会費6,000円、7,000円なので運用次第でゴールドカードとほぼ差がなくなってくるでしょ。

AMEXではポイントが無期限。ANAグループでの買い物は前述の通り、ポイント2倍と他にはない付与率です。(移行手数料ももちろん不要。)

f:id:tkggle7:20161010185850j:plain

⑤スカイコイン注3(SKYコイン)の返還率が違う
スカイコイン(SKYコイン)。
これはSFC修行時に非常に重要。
ANAマイルをせっせと貯めているわけですが、ANAマイルを無料の特典航空券に変えて、飛行機に乗ったのではSFC獲得に必要なプレミアムポイント注4がもらえない。
これは致命的。苦笑

スカイコイン(SKYコイン)は下記変換率で変換し、航空券を購入することができる。
その場合、航空券を現金で買ったのと同じ状態、条件の恩恵を受けることができる。

端的にはスカイコイン(SKYコイン)で航空券を支払い、飛行機に乗れば、最大の目的であるプレミアムポイントをいただけるということ。

返還率は下表の通り、ゴールドだと最大1.6倍、一般だと1.5倍、仮にSFC修行に必要なANAマイル、目標が200,000マイル以上になるわけですが、この場合、20,000 スカイコイン(SKYコイン)の差がつく。
これは大きい。実に。


f:id:tkggle7:20161009171009j:plain

注3:スカイコインについては当ブログ、関連ポストもご覧ください。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

注4:PPとはプレミアムポイントのことでANAのフライトを有料(スカイコイン支払いも可)で乗ることで付与されるポイントです。
【関連ポスト】下記、当ブログ、関連ポストも御覧ください。

www.anasfcmilers.com

 まだカード未保有の場合にはポイントサイト経由のカード申し込みでポイント獲得(ANAマイルへ交換できる)が可能。
ここでもしっかりANAマイルを稼ぎたい。

そのまま公式サイトなどに入って、カード申し込みをするより、ポイントサイト経由の方が断然お得。
何回か本ポストでも紹介したポイントサイトはもちろん、ハピタス経由がオススメ。
SFC修行僧がまず最初に登録するポイントサイト。

ハピタスの無料会員登録もまだな方は当ブログ経由で申し込んだ方が、直接サイトから申し込むよりお得。

【関連リンク】:

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

・To Me CARD PASMO JCB(ソラチカ)カード

年会費 本会員:2,000円 家族会員:1,000円 ※ 初年度は無料

冒頭の通り、このカードはほぼ決済などには使わない。
なのにSFC修行僧はみんな持っているという事実。
初回入会時のキャンペーン条件をクリアーしたら、出番はほぼない。
決済のポイント付与が0.5%だし。
(東京メトロを使う方は1乗車につき(定期券面区間外) 平日 5ポイント、土休日 15ポイント付くわけで、このポイント付与はそこそこ侮れません。
※ 利用前にメトロポイントPlusの申込手続きが必要です。
To Me CARDの会員専用サイト、又は駅に設置されている多機能券売機で行うことができます。)

ただ、ポイント交換用として、非常に大事なクレカです。
ポイントを0.9掛けでANAマイルへ移行してくれる。

f:id:tkggle7:20160922140404j:plain

Tポイント経由、楽天スーパーポイントなどをANAマイルに交換しようとすると、半分になってしまうので、0.9掛けの素晴らしさがわかる。

ポイントサイト経由で申し込めないので、ソラチカ申し込みでは紹介者報酬が得られないと思われがちですが、ソラチカ申し込みでも、ANAのマイ友プログラムという紹介制度(一般カードは紹介者、入会者に500マイル、ゴールドだとちなみに、2000マイル)が実は使えたりする。

ただ、当ポストでは行いません。実名開示の必要があるためです。笑

f:id:tkggle7:20160922142307j:plain

※ 上図はメトロポイントとANAマイルのやり取りだけが記載されているものですので、ご注意。
ポイントサイトからいくつかの行程を経て、メトロポイントへ移行していくことになります。
詳しくはこちらをご覧いただいた方がいいでしょう。

【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com※※ くれぐれも他のTo Meカードを間違って契約しないでくださいよ。交換率がじぇんじぇん違いますので。

こんなに良いクレカですが、メリットは無尽蔵ではない。
月に20,000メトロポイント(18,000 ANAマイル分)の移行しか許されてない。
この点が我々の活動の制約になる。それ以上、ポイントを稼いでもANAマイルに換えることができないということ。
と言っても、また別のアイディアの源になったりもするわけですが。

ということで、ソラチカルートでは
年間 216,000 ANAマイルが上限になると言われている。どのSFC修行ブログでも。

なので私は他のANAマイル生成手段も考えていく。
修行に必要なANAマイルはざっくり30万から40万ANAマイルと考えるべき。

ANAカードの
ショッピングマイル、
フライトマイル、
ホテル宿泊(@ホテル)のマイル、
三井住友ワールドプレゼントポイントやTポイント(50%)、
楽天スーパーポイント(50%)からの移行、
ハピタス以外(メインポイントサイトをハピタスにしていることを前提に)のポイントサイトからの現金化

などで補っていく。

ソラチカルートの制約で言えば、ANAマイルは家族の分を合算できるファミリーマイルがあるので、少なくとも旦那様、奥様、相方のソラチカルートは開通するという手もある。
年間、432,000ANAマイルへ交換できることになる。

重要!:家族ルート確保したい時、追加のソラチカを家族カードにしてはダメです。
家族カードではANAカードへのポイント移行ができませんので。これは本会員のみの特典です。

さて、最後にここでカード選択の条件追加、
・ポイントサイトで年間216,000ANAマイルが作れる状態になっている。

・出張フライトはANA、宿泊は@ホテル、そして決済はもちろん、ANAカード。

こういう方、メインの決済カードとしてはANA アメックスゴールドカードを要再考です。

SFCとしてのベースブランドは長く保有することを考えると、やはり年会費も考慮したい。
ただし、メインの決済カードとして考えると、少し事情も変わってくる。(SFCのベースブランドと決済カードは無論、分けてもよい。)
ソラチカルートが既に上限の216,000ANAマイルで塞がっている方、ANA VISAワイドゴールドの決済で付与されるポイントのボーナス分はソラチカカードに乗せるので、すぐにANAマイル化ができない。

であれば、ANA アメックスカードのANAグループ内での決済2%が俄然光ってくる。
私、2017年のANAグループでの決済、主はフライトとホテルで、ざっくり180万円くらいにはなりそうなので、36,000ANAマイルがソラチカルートとは別に手に入ることになる。
その他決済も無論あるので、40,000から50,000ANAマイルくらいが別ルートから期待できる。(この計算にANAカードプラス1%やフライトマイル、@ホテルからのANAマイルは含んでいない。)これを大きいと見るかどうか、ただもっと出張などの決済額が大きくなるなら、迷わず、な気もする。

これが、ANA VISAワイドゴールドなら、上記のケースでもソラチカと別ルートで手に入るANAマイルは20,000から30,000ANAマイルくらいで、後(max1.7%で0.7%分)はソラチカルートを回ってくるのを待つ必要がある。
塞がっていれば、いつになることやら。。。
よって、年会費差額のバランスも考慮しつつ、
出張族の方はメインの決済カードはSFC修行、その後の空陸マイラーの生活を考えてもANA アメックスゴールドも視野に入れるべき、なのです。 

・改訂履歴
Rev1.0 17/9/4 ANAカードプラス、カードポイントの計算式の誤りを訂正。

 

【スポンサーリンク】
 

 
マイレージ情報はこちらからも確認できますよ。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
(PCの方、+CTRL押しでリンク先に飛びません。)


f:id:tkggle7:20170826120500j:plain
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain 年間200万P以上を貯めて毎日ANAマイルに換える
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain ANA、SFC修行のためにまずやった6つのこと
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)とは
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain
 ANAマイルが貯まらないというあなたへ
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain
 新幹線宿泊出張でもANAマイルが断然貯まる
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain 国内ANA旅割の予約・発券 裏技集
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain 欧州ビジネスクラス往復、格安10万円で
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain ファーストクラスを格安で手に入れる方法