ANAマイルとSFC修行で世界旅

空陸両用ANAマイラーのSFC修行、現実的ノウハウ

【スポンサーリンク】

SFC修行のために必要なポイントサイト『総まとめ』、216,000 ANAマイルのカラクリ【高還元率移行のソラチカルート説明付き】

f:id:tkggle7:20170101131420j:plain


さて、SFC修行注1に興味を抱きながら当ブログを訪れていただいた方には本ポストは非常に重要。
SFC修行のためには飛行機に乗ってプレミアムポイント注2を貯めなければならない。
このためにANAマイルを集め、スカイコイン(SKYコイン)注3へ換えていくという作業が必要。

このANAマイルをコストミニマムで(敢えてタダでとは言いませんよ。んな訳ないし 笑)集めたいわけですが、
先人の陸マイラー様方が開発されたのが、ポイントサイトを使ってのポイント集め。

そして、それをANAマイルへ高効率で還元するルートの発見
相当の人がこれに参加していると思われ、これはもう一種の発明だな〜と感心する。

そんな重要なポイントサイトの情報についてSFC修行的視点で触れてみたい。
少し長くなりますが、大体のことはこのポストを読めば理解いただけます。
他の類似ブログでもよく目にする、
「年間 216,000ANAマイルが貯まる」も理解できます。

また、当ブログのいくつかのポスト、サイドメニューでポイントサイトのバナーやリンクを貼ってます。
これは読者の方がこのブログを経由してポイントサイトに申し込むことを期待してのことで、唐突に「会員登録がまだの方はこちらからどうぞ。」って言われてもな〜 って方にもわかるように解説してみます。

大体、自分もそう思った口で、納得してから、動き出しましたしね。
その際、色んなブログを漁って、それはもう時間が掛かったのを思い出します。

ただ、2017年1月現在、主要ポイントサイトで紹介キャンペーンをやってます。
なので、ググって登録より、紹介バナーなどを経由しての方がお得。
その後、自分でも紹介が可能になるし、まだの方は検討するいいタイミングです。

なお、注意事項として、サービス内容は変更される可能性が高く、キャンペーンも多く打たれる傾向にあります。必ず最新の情報は、各社公式サイトで確認してください。

よって、自分でも紹介してみようか、という目線でも読んでみてください。
紹介制度含め、この点は本ポスト最下部にて触れます。

SFC修行的にはポイントサイト活用は、下記がポイントになるかと。

・ANAマイル獲得のための手段である
単なるお金儲け、濡れ手に粟のお話ではないのでご容赦。
一日10分で、ANAマイルが。。。的なお話でもない。
が、特に大きくお金をつぎ込むという話でもない。他のANAマイル獲得の方法と比べると、費用対効果は間違いなくいいと言っておきます。なので流行る。

・安定的なポイント製造機にしたい
一時的なポイント獲得ではなく、SFC(スーパーフライヤーズカード)を獲得後も継続したポイントが欲しい。それをANAマイルに変えて、飛行機旅行をより楽しいものにする、それが目的ですから。
よって、ポイントサイト会社の(事業的な)安定性も重要。

・獲得したポイントをANAマイルへ効率的に移行したい
まずは獲得したポイントをANAマイルへ高効率に移行したい。
また、ほぼポイントを移行するためだけに会員登録が必要なサイトもある。

・人に勧めることを考えても、損得が何かを理解し、信頼できるところを選びたい

後は実際どの程度、ポイントが稼げるのか、手前味噌ですが、下記の通り。
活動開始で3、4ヶ月での状況。
(フライト以外はポイントサイト経由です。また、ANAマイルに換算してしまっていますが、ポイント単位にしたい場合、約 1.1倍してください。
ポイントで記載しないのは各ポイントサイトの還元・交換
レート注4が統一されていないことも起因。)

ポイント活動自身、どういうものが主要なものになるのかも理解いただけます。

f:id:tkggle7:20170103074215j:plain

これらのポイント獲得のための出費について
基本、ポイント獲得のために余計な出費はしていないつもり。

・ポイントサイト経由のショッピングサイト利用(主に楽天)
支出:約58,500円 (余計な支出はなしで利用方法経路、支払方法のスイッチングにて)
※ ANAマイル 楽天スーパーポイント換算も含む、カード決済のショッピングマイルは含まず。


・フライトマイル(たまに出張有り)
支出:約190,000円 但し、自費なし。


・グルメ(外食)案件 (オーナーに変わってお店を調査、と言っても基本、食事をするってこと)
支出
約 48,500円


・クレカ案件(ハピタス、ちょびリッチ経由にて申し込み)

支出:約255,000円 (余計な支出はなし、支払方法のスイッチングにて)


・FX案件(ハピタス、ちょびリッチ経由にて口座開設、取引実施)
支出:約3,000円 (取引マイナス分、準備すべき証拠金(回収可能)は含まず)

注1: SFC修行って何?はこちらをどうぞ。

【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

注2: プレミアムポイントについては下記をご覧ください。簡単に解説しています。
【関連ポスト】SFC修行で最重要:プレミアムポイントとは

注3: スカイコインが実はSFC修行の火付け役かも。プレミアムポイントを稼ぐためにはお金を出すか、スカイコインを遣って飛行機に乗らなければならない。特典航空券で乗るのはダメ。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

注4: 還元・交換レートはこちらで確認いただけます。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

【スポンサーリンク】
 

ポイントサイトとは

私は以前はどちらかというとポイントシステムなるものに興味はなく、この手のものには何、ちまちまやってんのかね。大の大人が、って感じでした。
(ほんと、ごめんさい。私が無知だった。)

で、色々調べていると、むむ、むむむ、なんか様子が違うぞ?って感じ始め、
現金化はしてないけど、
3ヶ月でポイントで10万円相当以上ゲットできた。
ちなみに、SFC修行業界なら、これは大したレベルではない。多分、標準レベル。

また、全くタダで稼いだとは言いませんよ。手間と時間もそれなりに掛かりましたし。でも、想像していたレベルよりもずっと簡単でした。

・ポイントサイトとは
ポイントサイトは一般的にはお小遣いサイトと呼ばれているかもしれませんが、私は敢えて会員制広告サイトと言い換えてみます。

色んな企業や個人事業主が自社の商品、サービス、アンケートをポイントサイト経由で紹介(広告を打つ)、会員がこれらの購入、利用時、ポイントを貯めることができて、貯めたポイントは現金や商品券、他のポイントシステムのポイントなどに交換ができるところ。

また、ここでSFC修行的に重要になってくるのは得られたポイントがANAマイルへの交換もできる、ということ。

利用時は無料の場合もあれば、出費が伴うものもある。
サイト、案件によっては無料を強調している場合にも、実質無料のものもあれば、利用時の出費をポイントという形で、例えば100%還元であれば、出費を全て取り戻せるという案件も含まれるのでこの辺は案件毎に押えていきましょう。

以下はハピタスの案件例。

ショッピング系
各社オンラインサイトや楽天、Yahoo!ショッピングなどを経由します。
総合ネット通販・オークション/ コスメ・ビューティー/ 健康・ダイエット・ドラッグストア/ 本・コミック・雑誌/ 家電・パソコン/ DVD・ミュージック・ゲーム/ 食品・ドリンク/ 日用品・インテリア・オフィス/ ファッション・アクセサリー/ ベビー・キッズ・マタニティ/ ギフト・花・百貨店/ スポーツ・カー用品

サービス系
サービスそのものを利用(支払って)して、ポイントをもらったり、指定の条件をクリアすることでポイントをもらったりします。100%還元案件や無料案件などもあります。
クーポン・グルメ/ 旅行・レンタカー/ オンラインゲーム・コミュニティ/ 音楽・映画・アニメ/ 仕事・資格・教育/ 引越し・不動産/ 美容・エステ/ クレジットカード/ キャッシング・ローン/ FX・CFD・先物取引/ 銀行・証券/ 保険/ 通信・プロバイダ

その他
クチコミ・紹介/ アンケート/ 宝くじ

・ポイントの財源はどこにある?

ポイントサイトは基本登録、利用は無料。
民放TVの世界と同じ。広告主の企業が支えている。
財源は企業が提供しているということ。企業は自社の商品やサービスの販売時、TVでCMしたり(広告料が掛かる)、営業の方が紹介したり(人件費が掛かる)などの費用をポイント還元という形で使っているだけ。
販促費的な扱いで、結局自社の売り上げに貢献する一つの手法と考えているわけです。

アンケート案件なども商品そのものを販売しているわけではないですが、実際に直に企業が市場ニーズを調べることの手間と費用を考えると、それなりの額になってくる。
なのでポイントサイト経由となり、効率的に予算を抑えて、データを集める手段となる、と考えるわけです。

100%還元ばかりしていると、全く儲からないということになるが、そうなったり、この手法を使わなくても売上を上げる方法を知っている企業はポイントサイトは利用しない。
何れにしてもBusiness is business.
儲からないとやらない、成り立たないとやらないわけなので心配は無用。笑

まだ、少し訝しく思われる方もいるでしょうかね。
その場合は他の陸マイラーの方々のブログも探索することもオススメします。
後は書いてる文章で大体信用できるかはわかるでしょうし。

なお、ポイントサイトにフォーカスされたブログ(SFC修行僧のものではない。)は少々気合いが入っている感じで、私は、少し仰け反ります。
ですが、参考にならないわけではありません。

一攫千金などない(色々歴史的には祭り的な内容が語られていますが、これが多いほど、危うい世界になっていく)ということが論理的にわかっている方は大丈夫かな。

SFC修行的ポイントサイトの選び方

・どんなポイントサイトがある?

以下、最低限、入会が必要なポイントサイトの一覧。
それぞれに目的があるので、その理解が必要かと。
後は好みにより、追加されるのでしょうが、私はこれらで廻してます。
あんまり増えるととっちらかってわけがわからんようになるんです。苦笑
SFC修行的にもこれで十分かな。

ハピタス

陸マイラー、SFC修行僧一押し。
広告案件を見ていても、他のサイトと比べ、垢抜け度があり、ガツガツ、ケバケバしいところもなく、好感が持てる。
案件数も多く(ゲーム案件はほぼありません。)、還元率が高い。
メインのポイントを稼ぐポイントサイトになる。
(友達)紹介制度も充実。
紹介報酬の対象外案件がないのも魅力。
みなさん、本当これ重要ですから。
有り難みは自分が紹介する側に回った時にすごくわかります。
(なお、最下部に紹介制度、ハピタスの友達紹介キャンペーン情報にも触れます。)
ポイントは実質無期限(1年間ログインしないとアカウント失効しますけどね。)
もっとポイントを出してるところもありますが、安定度、SFC修行後のことも考えるとここは外せない。

ただ、残念なことが一つ、ポイントの換金、交換上限設定があります。30,000pt/月です。
なんとも堅い、ガチガチです。ポジティブに考えると、この堅さがハピタスを信頼度が高く、将来的にも安定的な事業を展開するであろうポイントサイトとして推奨できる(人にも紹介しやすい)ことにもなる。

ちなみに、ちょっとした裏技、
ハピタス堂(書籍・CD・DVD・電子書籍など)では、30,000pt/月の換金上限に関係なく、ポイント払いによる買い物をする事が可能。
購入したものを「せどり」という選択肢もなくはないということ。

ちょびリッチ

ハピタスと双璧は下のポイントタウンか、このちょびリッチ。
FX案件の付与率が高い、実質ノーリスクな口座開設だけでポイント付与の案件なども扱っている。
↓↓↓ 詳しくはこちらをどうぞ。
【関連ポスト】ちょびリッチ FX口座開設のみとか、ANAマイルが貯まるノーリスク案件もあるワン

クレカ案件は他のサイトと比較してもポイント付与が高かったりと優れてます。
このちょびリッチも紹介キャンペーン中。(最下部にて触れています。)
紹介報酬の比率も高いですが、対象外案件もそこそこあって、なんだかな〜と思ったりもします。。。

まずは自力でポイントを掻き集めたい場合にFX、クレカ案件を中心に利用するというスタンスがいいかも。
また、ハピタスでは扱いのない、いわゆるミステリーショッパー、グルメ(モニタ)案件注5も扱っているのでこれらの違いも理解した上での使い分けが肝要。

後は商品モニタ案件の扱いもあり。ポイントサイトの傾向として、グルメ(モニタ)案件がある場合には商品モニタ案件もあるようですね。この辺りはシステムの共通化も図っている気がします。
このちょびリッチ、後はポイントタウンなんかもスマホでのグルメ・商品モニタ案件はファンくるのシステムを使っていると推測。

ちなみにちょっとしたポイントを稼ぐ、コツ的なお話。
グルメ(モニタ)案件はそこそこ大きなポイントが稼げますが、商品モニタはそうでもないことが多い。
ただ、商品モニタは複数のサイトに渡って扱われているケースが多いので、これなら、という案件があれば、跨ってやってしまう。これでそこそこのまとまったポイントを稼げたりする。
モニタの手間が分散化できるということですね。ちなみにレシートは使い回しはダメですよ。笑(できれば商品を購入するお店も変えましょう。)

下記はちょびリッチと同一のモニタ案件がこなせるポイントサイト。
・ポイントタウン
・ファンくる
・Gポイント
・ポイントインカム
・GetMoney!
ということで、モニタ案件があるポイントサイトは押さえておくことをオススメ。

注5: グルメ案件については当ブログの下記ポストが参考になると思います。
【関連ポスト】『 ここまで大きく継続的に』ANAマイルの貯まる方法を私は他に知らない 【ANA SFC修行 2017版】

ポイントタウン

個人的にはグルメのミステリーショッパーを使う際に利用することが多いかな。
人気ブランドの扱いもあって、選択肢も広いです。100%還元広告もどこよりも多い。
他にもあるアンケートの案件もありますが、こういう小さく刻むのはどうも、私は苦手かな。。。 
と言いながら、トリップアドバイザーに1件5 ANAマイルの口コミをしてますが。苦笑

ちなみにポイントの還元・交換設定が違うので、ハピタスはそのまま、ポイントタウンは20で割りましょう。
ポイントは実質無期限(1年間新たなポイントの獲得がないと、1年経過し たポイントは消失しちゃいます。)
紹介制度もありますが、最近改悪してしまいました。。。

ファンくる

こちらも、グルメ注5ミステリーショッパー案件を中心に使います。
グルメ(モニタ)案件に関しては機能が充実して使い勝手は群を抜いてます。
主な機能と期間延長(応募、当選後、通常4日以内に訪問を求められるところ、7日の延長が可能。)、キャンセル待ち、翌月予約などです。全て300円相当のポイントが必要で有料となりますが、有効に使えます。

【関連リンク】:

www.fancrew.jp

ただ、月初、すぐに埋まっちゃうんですよね。。。
キャンセル待ちや翌月使ってもいいのでしょうが。
なので、ちょびリッチ、ポイントタウンも必要になる、やっぱり。
ポイント交換先が少ないのが難点?
まあ対して困らないか。。。

紹介制度はありますが、被紹介者の利用度に応じての報酬制度はありませんね。
なので陸マイラーの方々のブログでの紹介度もイマイチ高くない。
ここも紹介というよりは、自力で稼ぎたい人向け。

ドットマネー

まずはポイント合算サイトとして位置付けされる。(ポイント移行については後述し。)それ以外にも今回、紹介する他のサイトよりも特徴を持っているため、少し紙面(Web面?)を割いて紹介します。

母体はアメーバで規模、安定度も抜群。
このサイト、ハピタスからのポイント移行のために必要
トロポイント(ソラチカルート)への交換手数料がない。
(但し、ドットマネーにはポイントに有効期間約6ヶ月がある。PEXは1年に1回アクセスすれば、失効しない。この点、気になるようであればPEX統一でも宜しいかと。但し、ドットマネーにはそれ以外にも色々ありますが。)

これはPEXに対して魅力が出てくる。後述のPEXからメトロポイント(ソラチカルート)は交換手数料50円相当が毎回掛かりますが、ドットマネーにはない。

ということで、ハピタスからのソラチカルートはこちらがメインになる。ハピタスからの月毎の換金・交換上限は30,000pt。ここはハピタス事情で変わりません。

メトロポイントは20,000pt/月で変わりませんし。

交換にはギフトコードを使いますが、これがまた使えます。
Amazonギフトコードなどと同様のもので、ハピタスなどからドットマネーへの交換は基本このギフトコードを使って行う。
↓↓↓ 詳しくはこちらをどうぞ。
【関連ポスト】SFC修行には外せないANAマイル移行に使える!ポイントサイトのドットマネー

ポイント獲得案件にユニークなものが色々ある。
例えば、クラウドソーシング。直接お仕事請け負うのとどうですかね。本職でもなければこういう手軽なアルバイトもありなのかな。

後はゲーム、コミックなどの(キャンペーン時などは特に)100%高額案件。
これはちょっと違う考え方で使い手がありそう。
また別ポストでも扱う予定です。
関連リンク】:広告サービスでためる|ドットマネー

ざっと見ても、そこそこ面白い案件もある。「無料」、「セール」辺りを覗いてみるのがいいかな。


f:id:tkggle7:20170103174752j:plain

f:id:tkggle7:20170103174804j:plain

セールの今だけ**倍はいいですね。


f:id:tkggle7:20170103174815j:plain

f:id:tkggle7:20170103174841j:plain

f:id:tkggle7:20170103174851j:plain

おじさんのアイコンが気になったので、タップ。100%以上の還元率。
ゲームで40,000円ですか... 月額だし… 解約忘れたらえらいことです。
これはバイポイントであり、バイマイル案件。


f:id:tkggle7:20170103174859j:plain

PEX

ポイント移行のために必要。(ポイント移行については後述しています。)
但し、メトロポイント(ソラチカルート)への交換で手数料50円が発生します。ここがドットマネーと比べて難点。

Gポイント

ANAのワールドプレゼントポイントの内、ボーナスポイントを最大化するために必要なポイントサイト。(ポイント移行については後述。)

私はその他の用途には使っていない。またボーナスポイントがない人には全く無関係になるが、みなさんは関係する可能性が高いので、挙げておきます。

(当ブログでも推奨している三井住友のANA VISA ワイドゴールドカードなどのショッピングマイルの最大化に関係する。)

【関連ポスト】

www.anasfcmilers.comその他、モッピー(moppy)げん玉、PONEYなどがあります。
げん玉などは最強な気もするが、残念ながらANAマイルへの移行がこれからの方にはリーズナブルではない。後述のソラチカルートを最大限に活かせないから。
(現在、PEXへの移行が関連のライフマイル経由にて行えるようになっているが、従来ライフマイルの会員だった方のみに提供されているもの。)

逆に私などはソラチカが塞がり始めて、他のことを考え始めた。。。
詳しくは当ブログ、関連ポストをどうぞ。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

SFC修行的ポイントサイトの使い方

ポイントサイトの主な使い方(ハピタスにて)
主な使い方としてネットショッピング時の操作の仕方を説明します。
FX、クレカの申し込みもほぼこの手順となる。

ネットショッピングはこの手順を行うことで、二重にポイントが稼げる事になる。

例えば楽天利用なら、ハピタスでポイントがついて、楽天でもポイントがつくということ。(ただし、楽天スーパーポイントはANAマイルへの交換は50%となる。)無論、ANAカード保有ならショッピングマイルもつくわけです。

利用時の重要なこととして、案件毎にこの操作が必要になる。ネットショッピングの場合、商品毎にこの操作を行いましょう。
ポイント付与はCookieを使って行われるので、途中で別の操作などするのはやめておきましょう。(ポイント付与と紐付きされない可能性が高まる。)

例えば、ネットショッピングを楽天経由で、の事例です。


f:id:tkggle7:20170101163948j:plain

「ポイントを貯める」を押すことで、ポイント付与の紐付けが可能になる。

さらに操作上の注意事項として、「ポイントを貯める」ボタンを一度の案件で何度も押していると、逆に申し込んだ案件の紐付けがうまくいかない可能性があり、そのまま申し込んだりすると、ポイントが付与されないことがある。

また、案件によってはその操作をした場合は問い合わせにも応じないというものもあるため、要注意。


f:id:tkggle7:20170101163951j:plain

楽天のサイトに遷移。このまま、通常通り、商品の選択、購入を行いましょう。


f:id:tkggle7:20170101163954j:plain

後は色々ある案件がポイントサイトで重複している場合に、どこからこなすか、ということになる。
無論、同じものなら、高還元率を提示しているところでやりたいわけだし。
で、世の中には下記のようなサイトもある。
↓↓↓ いや~、ほんと世の中って便利。
【関連リンク】:ポイントサイト案件比較検索 / どこ得?

ポイントサイトはポイント
を稼ぐだけにあらず:重要

ちょびリッチなどはANAマイルへ直接交換できますが、直接交換してはダメ。
もっと効率のいいルートがありますから。
いくつか派生したルートもありますが、とりあえず最低限の移行ルートを理解するということでまとめています。またポイントを稼いでいく過程とこのルートに乗せて、ANAマイルまで移行していく作業は同時併行で進めることになる。
※ なお、ちょびリッチ以外にも各行程中にあるサイトで直接ANAマイルに移行できるサイトもありますが、交換することはお薦めしません。レートが悪い場合が多い。
(急ぎ移行したい事情がある場合には逆にレートを犠牲にして、移行ができるということにもなる。)

主要ルート

※ 各サイトでも交換条件などを確認ください。交換日数も目安。

ハピタス、ポイントタウンのポイントを便宜上それぞれ10,000pt(ポイント)、200,000ptとしているが、これはソラチカカードの月移行制限20,000ptを意識してのこと。
ANAマイルは18,000となる。毎月11日に移行できる状態になるので、忘れずに実行です。重要:ここまで高還元率なのはソラチカだけ。他は良くて60%、ほとんどが50%や1/3となる。

ソラチカカードは特にどこか経由で申し込んでポイントがつく、と言うのはないので、下記、関連リンクからどうぞ。(厳密にはマイ友プログラムと言うのもありますが。)
【関連リンク】

www.jcb.co.jp

なお、ハピタスの交換上限は月30,000pt
ハピタス、ポイントタウンで利用スタイルに応じて、比重を変えて読み替えてください。
また、メトロポイント(ソラチカ)経由をTポイントなどで行い、レートは悪化するもののANAマイルへの移行も可能。(その場合には0.5掛け。)


f:id:tkggle7:20161002091650j:plain
ハピタスで月々20,000pt以上を移行できるレベルでポイントを稼いだ場合、ソラチカルートはそれだけで塞がれることになる。

なので、
月18,000 ANAマイル X 12月
= 年間 216,000 ANAマイル
となり、

 夫婦などで取り組むなら、倍の
年間 432,000 ANAマイル
も視野に入ってくる。

ポイントタウンでメインで使いたいグルメ(ミステリーショッパー)モニター案件は安定的にポイントを稼げるわけですが、稼いだとして、高効率のPEX、ソレチカルートが塞がれていたのではもったいない。

この場合、立ち上げ時は特に、FXやクレカなどの高額案件に手を付ける時期になると思われますが、判定までに時間を要するため、仕掛けをした後はグルメの活動を早い段階で立ち上げた方がいいです。

なお、ハピタス、ちょびリッチは最初の移行先はドットマネー推奨です。
ドットマネーからメトロポイントは交換手数料無料です。
ポイントタウンはそのルートがないため、従来からのPEXそのままとなる。
(但し、ドットマネーにはポイントに有効期間約6ヶ月。PEXは1年に1回アクセスすれば、失効しない。この点気になるようであればPEX統一でも宜しいかと。但し、ドットマネーにはそれ以外にも色々メリットがあり。)

主要ルート(三井住友ANAカード系)

ほぼSFC修行の場合、このルートも外せませんが、メインにするクレカ(三井住友のANA VISA ワイドゴールド)のショッピングマイルの移行ルートになる。
こちらは前述のソラチカルートの制約を受けない。

なので真性陸マイラーではなく空陸両用だったりすると、ショッピングマイルに加え、フライトマイルもこちら経由でも勘定できる。

ワールドプレゼント 通常ポイント(1ptが10マイル)の移行ルート(自動)

f:id:tkggle7:20161023055937j:plain

ワールドプレゼント ボーナスポイント(1ptが3マイル、下記のルートなら1.4455%まで最大化可能)の移行ルート(応募:手動設定)


f:id:tkggle7:20160925220710j:plain

ワールドプレゼントって何って方は当ブログ、別ポストをご覧ください。
ちなみに私はついこないだまでこのことを知らずに損していた。。。苦笑
【関連ポスト】
まだならもったいない。三井住友カードのワールドプレゼントで30,000 ANAマイルを51,000 ANAマイルにする方法 

それぞれの場面での移行画面・設定例です。

ハピタスからドットマネーへ(ハピタスサイトより)

ハピタスのメイン画面、右上のメニューから入ります。ほぼ他のサイトもこの手順が一般的だと思います。


f:id:tkggle7:20170101165832j:plain

ドットマネーのところをタップ。


f:id:tkggle7:20170101165850j:plain

↓↓↓ 詳しくはこちらも見ていただいた方がいいかも。
【関連ポスト】SFC修行には外せないANAマイル移行に使える!ポイントサイトのドットマネー


f:id:tkggle7:20170101165858j:plain

ドットマネーからちょびリッチへ(ドットマネーサイトより)

交換率アップのキャンペーン中みたい。


f:id:tkggle7:20170102142624j:plain

f:id:tkggle7:20170102142634j:plain

ポイントタウンからPEXへ(ポイントタウンサイトより)

メイン画面のメニューから、ポイント交換をタップ。


f:id:tkggle7:20170102104844j:plain

PEXをタップ。


f:id:tkggle7:20170102104858j:plain

交換レートが一気に目減りしているようにも見えますが、ご心配なく。笑


f:id:tkggle7:20170102104903j:plain

ちょっと話は変わります。
とりあえず、三菱東京UFJで見てみましたけどね。
1回当たり、50万円まで換金OK。(ポイントタウンは20pt=1円相当)ゆうちょ、三井住友、みずほも同じですね。まあ他も同じでしょう。


f:id:tkggle7:20170102104852j:plain

ファンくるからPEXへ(ファンくるサイトより)

f:id:tkggle7:20170102161344j:plain

ドットマネーからメトロポイントへ(ドットマネーサイトより)

f:id:tkggle7:20170102160519j:plain

PEXからメトロポイントへ(PEXサイトより)

f:id:tkggle7:20170102143616j:plain

To Me CARD(ソレチカ)からANAマイルへ(To Me CARDサイトより)

f:id:tkggle7:20170102140032j:plain

ところで、毎月11日、移行するでしょ。でも即日ANA側に反映されないんですよ。
最初これがわからずに待てど暮らせど、反映されない。
で、翌月5日に反映されます。
翌月って。。。

でもそうなんです。仕方ない。苦笑

三井住友ワールドプレゼントからGポイントへ(Vpassサイトより)
※ 移行するのはボーナルポイントのみです。

f:id:tkggle7:20170102141020j:plain

Gポイントからメトロポイントへ(Gポイントサイトより)

f:id:tkggle7:20170102143535j:plain

ポイントタウンからTポイントへ(ポイントタウンサイトより)

f:id:tkggle7:20170102143555j:plain

ポイントサイトの紹介制度について考えてみる

さて、最後に紹介制度。
まだ会員登録をしていない方、登録しようと考えた時、まずはどういう方法、経路が自分にメリットがあるのか、ということになる。
これは先にも触れましたが、サイトにあるリンクバナー経由。
↓↓↓ これです。
【関連リンク】:

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ただし、あなたの入会時にリンクバナーの主である紹介者にもポイントが付与されます。

よって、普通、情報を得たところ、今後メリットがある情報が得られるであろうところからポチッと入っていくのが自然な流れではないかと思います。

陸マイラーのブログでしきりとバナーが配置されていますので、そんなことだろうな〜と思っていましたが、そういうことでした。笑
ただ、付与されるポイントは大したことはない。キャンペーンでもない限り、300円相当くらい。
それ以下なんぞはどうでもいいレベル。。。苦笑

なので、実はそれだけではない
紹介者に対し、被紹介者が利用した広告案件で上げたポイントの何%かが紹介報酬として提供される。
利用者自身にも当然、ポイントは付与されるので、売り上げの中でそれぞれの付与されるポイントが割り振られている。
(企業にしてみれば、先に触れた販促費として確保しているものの割り振りをどうするか、ということ。また、この紹介報酬の仕組みはポイントサイト、引いては広告企業の事業運営に大きく寄与しているために活用されていると、考えられる。)

ちなみに、紹介報酬の仕組みのことをリファーラル制度と呼び、紹介される側をダウンと呼ぶ。
あなたのダウンの獲得したポイントの**パーセントがあなたに支払われるということ。ちなみに、あなたとダウンがいた場合、2ティアと言う。

ここからが自分が登録した後、紹介してみる、という目線でも考えてもらってもいいかもしれない。
ここでまず考えるのが、身近な人。。。
家族だーっ!ということと家族はダメなんじゃないか?ということが頭をよぎります。で、その心配はない。
むしろ、家族の入会をポイントサイトは推奨している場合が多い。

そして、次に友達や知人に勧めたくなるが、ここから一気にハードルが上がる気がする。どうしても、損得勘定が入ってくるから。
理解すればどってことないですが、説明するのは結構大変、説明して廻るわけにもいかない。
なので、やる気のある方はブログという手段も考えられてもいいと思います。

ところで、何故、ハピタスの紹介制度が優れているか。
前述のリファーラル制度の対象外案件がない、還元率が相対的に高い、ということを前提として、例えば近親者、かみさんと子供(12歳以下は不可。)の登録で、利用、獲得したポイントの25%のバックがあるんです。
で、更に被紹介者が増えると、最大40%までバックされます。
さらにさらに現在はキャンペーンも実施中。後述しますが、今、会員登録すれば、このキャンペーンに参加できる。
紹介で会員登録するのは今がチャンスですので、お見逃しなく。

f:id:tkggle7:20170103083724j:plainf:id:tkggle7:20170103083730j:plain
※ 注意事項もありますので、公式サイトにてご確認ください。

例えば、本ブログ経由で登録いただいた方は下画面のような感じ。
下画面は17年2月時点のハピタスで入ってくれた人。感謝です。

f:id:tkggle7:20170218124615j:plain

こちらはちょびリッチ。500ptは250円相当です。同じく感謝。

f:id:tkggle7:20170218113620j:plain

ということで、改めまして、理解が進んだところで、当ブログ経由の申し込みいただける方は下記のバナーリンクからどうぞ。

直接ポイントサイトから登録するよりもお得です。


【関連リンク】:

『無料』簡単会員登録がまだな方はこちらからどうぞ。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

『無料』簡単会員登録がまだな方はこちらからどうぞ。
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

『無料』簡単会員登録がまだな方はこちらからどうぞ。
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ハピタスの紹介キャンペーン

キャンペーン期間:2016年12月22日(木)12:00 ~ 2017年3月31日(金)23:59まで

キャンペーン概要:獲得額ランキング、紹介人数ランキングを開催。合計2,000名様に賞金総額200万をプレゼント。ハピ友(紹介された側)には初回ポイント交換時にもれなく1,000ポイントがプレゼント。

獲得額ランキング
キャンペーン期間中に登録したハピ友が貯めたポイント数でのランキング。

紹介人数ランキング
キャンペーン期間中に登録したハピ友の人数でのランキングで。
(ハピ友が提携先(広告)を利用した時点でカウント)

特典付与:
特典1:賞金総額200万円、上位2,000名にプレゼントされる。
獲得額ランキング、紹介人数ランキングの2種類。
ランキングは2種類!両方に入賞した場合、双方の賞金が付与。
1. 獲得額ランキング
キャンペーン期間中に紹介したハピ友が貯めたポイント数でのランキング。
2. 紹介人数ランキング
キャンペーン期間中に紹介したハピ友の人数(ハピ友が提携先を利用した時点でカウント)でのランキング。

f:id:tkggle7:20170103192212j:plain

特典2:10位以内に入賞した場合、2017年4月~2017年9月までの間、交換上限が3万ポイントから10万ポイントに引き上げられる。

特典3:紹介者がキャンペーンにエントリーした上、イベント期間内に友達を紹介。紹介されたハピ友(友達)の方が、2017年4月30日までにポイント交換申請を行った場合、初回交換申請日より5日以内にハピ友に1,000ポイント(1,000円相当)がプレゼントされる。
まずは、紹介する側の方はキャンペーンにエントリーする必要があり。

キャンペーンのエントリーの仕方スマホでの操作に注意です!

会員登録完了したことが前提ですが、下画面にて感謝際バナーをタップ。
ただし、最終的な登録はPCでの操作を推奨されていますので、PCからこの作業を行うことをオススメします。


f:id:tkggle7:20170102120354j:plain

下にスワイプ。


f:id:tkggle7:20170102120627j:plain

矢印のリンクバナーをタップ。


f:id:tkggle7:20170102120640j:plain

イベントのエントリーはPCからの指示。


f:id:tkggle7:20170102121013j:plain

とりあえず、説明の便宜上、画面例を示しますが、スマホで「ログインしてエントリーする」をタップしないようにしてください。


f:id:tkggle7:20170102121038j:plain

ちょびリッチの紹介キャンペーン

期間:2017年1月1日(日)~1月31日(火)
内容:
・期間中の友達紹介ランキングの順位に応じて、下記「ランキング表」記載のポイントをプレゼント
・ランキングは、期間中の「紹介人数×お友達の獲得ポイント」によって決定。
紹介人数だけでは決定されない。
例) 紹介人数が10人、お友達の獲得ポイントが合計20,000ptの場合
10人×20,000pt=200,000ptがランキング決定にカウントされる。
・紹介人数のカウントは、友達が登録月の月末までに1pt以上獲得した場合。
・友達の獲得ポイントは、ちょびリッチで獲得できる全てのポイントが対象。
※ランキング発表には、ニックネームが記載されるため、個人を特定できるものをニックネームに使用することは避けること。

キャンペーンの注意事項

ランキングは、あなたの紹介によりちょびリッチに会員登録した友達の人数と、友達がキャンペーン期間中に獲得したポイントを基に決定される。
紹介人数だけでは決定されない。
紹介の成立は、紹介した友達が登録月の月末までに1pt以上のポイント獲得をした場合になる。
友達の獲得ポイントは、ちょびリッチで獲得できる全てのポイントが対象。
紹介した友達が「ランキングキャンペーンの対象外になる場合」は、ランキングにカウントされない。
ランキング発表には、ニックネームが記載されるので、個人を特定できるものをニックネームに使用するは推奨されていない。
ポイント付与はキャンペーン終了後、1ヶ月程度で付与。
爆弾ボーナスは、全てポイントで付与。円表記はポイントを現金換算した場合の金額になる。

必読<ランキングキャンペーンの対象外になる場合>
※以下の事項に該当する場合、ランキングキャンペーン対象外になるので要注意。
紹介者と紹介した友達が、同じ姓名の場合
紹介者と紹介した友達が、同じパスワードを登録している場合
紹介者と紹介した友達が、同じIPアドレスの場合
(※家族で1台のPCを使用している場合には要注意。紹介した人にスマホにて会員登録してもらうなど、 紹介者と同じIPアドレスにならないようにする。)
紹介した友達が、本名を登録していない場合
(※姓と名が同じ場合や、明らかに人の名前ではない場合、平仮名・カタカナだけでの登録の場合も対象外になる)
紹介した友達が、使い捨てメールアドレスなどで登録している場合
自作自演による登録またはそれに類似する登録の場合
対象期間外に条件を満たしている場合
その他、弊社がキャンペーン対象外と判断した場合
※下記に該当する場合は、予告なくポイントの没収・強制退会・ちょびリッチサイトに今後一切アクセスできなくなることがある。
スパムによる不正な紹介
虚偽内容での紹介

著しい迷惑行為での紹介
アダルト要素を含む内容での紹介
法令・当サイト規約に抵触する行為を行った場合
交換条件を提示して登録を促している場合
ちょびリッチサイトの紹介以外の文言にて登録を促している場合
自作自演による登録またはそれに類似する登録の場合
その他、弊社が不正による紹介・登録と判断した場合

ポイントタウンの紹介キャンペーン(改悪かな。やっぱ。)

f:id:tkggle7:20170102161754j:plain

期間:2017年01月01日 0:00~2017年01月31日 23:59
内容:
紹介した友達が登録(要電話番号登録)を行ってから6,000pt以上獲得(6ヶ月以内)すると、 2つの特典が付与される。
特典1:紹介者1人につき7,000pt
特典2:友達が貯めたポイントの50%を毎日付与

特典獲得までの流れ
STEP1:友達にポイントタウンをメール・SNS・ブログなどで紹介する。
STEP2:紹介した友達が登録(要電話番号登録)を行ってから6,000pt以上獲得(6ヶ月以内)すると、7,000ptが付与される。
STEP3:友達が貯めたポイントの50%を毎日還元。
友達が貯めたポインの還元率について
紹介された友達が各サービスの利用で稼いだポイントの50%を付与。
※サービス利用とはショッピングや旅行、クーポンなどの広告案件の利用となる。
※友達紹介還元対象外サービスと記述のあるものは対象外。
※無料ミニゲーム・クリックポイント・ボーナスポイント等は対象外。
※過去に紹介されたすべての友達が還元の対象になる。

概 要
紹介した友達が登録(要電話番号登録)を行ってから6,000pt以上獲得(6ヶ月以内)すると、 7,000ptが加算される。
さらに、友達が獲得したポイントが付与される。(還元対象外を除く)

ランキングについて
・開催期間中に友達紹介ラインキング上位1,000位までに入った人は順位に応じてポイントが付与される。

・ランキングは紹介人数と友達の獲得ポイントを元に算出したレートによって決定される。ランキングは紹介人数だけでは決定されない。

※レートに使用する友達の獲得ポイントは、サイトで獲得できるすべてのポイントが対象。
(友達紹介還元対象外サービスでの獲得も含む)
※ ランキングにはニックネームが記載される。メールアドレスや住所など、個人を特定できるものをニックネームに設定することは避けること。
※ キャンペーンのポイントの付与は翌月中旬を予定。
※ キャンペーンは予告なく、変更・終了する場合あり。
変更・中断あるいは中止または終了により生じた損害については、一切責任を負わない。

なお、ポイントタウン、このキャンペーン含め、今まであった「紹介された方への登録ボーナス500ptプレゼント」がなくなっている。紹介しづらっ。苦笑

また、このキャンペーンで、紹介ポイントの付与方法も変更されています。今までは友達が登録を行ってから1週間後に紹介者にもれなく7,000ポイント(350円相当)が付与されていたところを、友達が登録を行ってから6ヶ月以内に6,000ポイント以上獲得すると紹介者にもれなく7,000ポイントがプレゼントされる、という内容に変更されています。
ポイントサイトの紹介制度はメンバー増の要、ポイントサイトはメンバー増は売上を上げていく上でかなり重要な要素、企業側との交渉にも大きく影響するはず。

今回、改悪と言わざるを得ないが、後ろ向きに捉える必要があるのか、何れにしても、安定した事業運営を期待したい。
そもそもSFCを取得した後、充実したSFCライフを過ごす上で安定的なポイントサイト選びは非常に大事。半永久ステータスの意味がなくなるし。笑

ドットマネーに紹介制度はない

そもそも紹介制度は何のためにあるのか、ということを考えると自ずと答えは出てくるわけで運営母体のアメーバとの連携でその必要もないのでしょう。

SFC修行僧的にはハピタスの輪を広げていきたいところですが、このサイトはその他使い勝手もいいことからも人気、不可欠のポイントサイトにはなっていくのではと思います。
ファンくるもサービスや機能で勝負って感じですしね。


マイレージ情報はこちらからも確認できます。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
(PCの方、+CTRL押しでリンク先に飛びません。)


f:id:tkggle7:20170826120500j:plain
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain 年間200万P以上を貯めて毎日ANAマイルに換える
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain ANA、SFC修行のためにまずやった6つのこと
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)とは
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain
 ANAマイルが貯まらないというあなたへ
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain
 新幹線宿泊出張でもANAマイルが断然貯まる
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain 国内ANA旅割の予約・発券 裏技集
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain 欧州ビジネスクラス往復、格安10万円で
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain ファーストクラスを格安で手に入れる方法