ANAマイルとSFC修行で世界旅

空陸両用ANAマイラーのSFC修行、現実的ノウハウ

【スポンサーリンク】

出張族には気になるANAフライト・旅作の「領収書を分割する」方法【Rev 1.0】

f:id:tkggle7:20170401201508j:plain


社畜注1的出張族の方はほおっておいてもフライトでANAマイルとプレミアムポイント注2が貯まる。
気がついたらダイヤモンドメンバー注3になっていた。
それから、ずーっと、ダイヤモンドメンバーでそれ以外、何があるかも知らない。
優先搭乗とか気にしたことないし、一番最初に乗ってるし。
って方にはほぼ無意味な情報をお届けします。笑

で、出張はするけれども、

ANA上級会員であるダイヤモンドメンバーには
とてもじゃないけどなれない方に、

そうは言ってもなんとか、
最大限ANAマイルとプレミアムポイントを稼ぎたい、

あわよくばSFC修行注4というものも組み合わせてプラチナメンバー、

SFC狙っちゃうよ、

という方に多少お役に立つお話です。

出張族の方、ANAのプレミアムポイントを貯めましょう。

というか、たまに出張している方、何が何だかわからんぞの方、実は折角のチャンスを逃している可能性があります。

私がそうだったように。

少し視点を変えると、手が届くところにチャンスがある。
そもそもANAサイトにアクセスした時に下記、気にされてない方、気にしてみませんか。

出張なんてないし、って方はごめんなさい。陸マイラー注5(オカマイラー)さんには少し面白くない話。
でも、それが陸マイラーさんのモチベーションになったりもするのだろうと、勝手に想像する。まあ人それぞれ、置かれた立場で頑張ろうということで。

f:id:tkggle7:20170910102423j:plain

注1:社畜とは会社に飼い慣らされ、奴隷(家畜)と化したサラリーマン、OLの状態を揶揄したもの。「会社+家畜」から来た造語かつ俗語。
だが、こと出張によるフライトでANAマイルとプレミアムポイントを稼ぎまくってるとすれば、実は憧れの存在だったりすることもある。

注2:プレミアムポイントが何で、何が起こるかは下記、当ブログの関連ポストをご覧ください。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

注3:ダイヤモンドメンバーとは、ANAの最上級会員のことです。この資格は実際に飛行機に乗り、規定の条件をクリアすることで付与されます。

www.ana.co.jp

注4: SFC修行って何?はこちらをどうぞ。

【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

注5:航空会社と提携したクレジットカードを利用することで飛行機に乗らずにポイントを貯め、航空券を手に入れる人々。実際にはサーフィンをしない、ファッションだけのサーファーを陸サーファーと呼ぶことから飛行機に乗らずにマイレージを貯める人のことをこう呼ぶようになった。

例えば、飛行機に乗る度に、搭乗ゲート前、優先搭乗からまず始まる。自分には無縁と思っている、でも羨ましい。

いいや関係ないし、って方、このプレミアムポイントを貯めてANA上級会員になると、この列に加われます。

で、このプレミアムポイント、お金を払って(特典航空券利用ではもらえない。)飛行機に乗ることでゲットできる。
なので出張がそこそこあるあなたは他の人よりもスタートラインがゴールに近い。

この機会を有効に活用しない手はありません。

かく言う私も空陸両用マイラーなので、機会は最大限に使わせていただいております

さて、本題です。
プレミアムポイント、利用する運賃により付与のされ方が変わります。

端的に言うと、価格の高い運賃を選んだ方が同じフライトでも、よりこのポイントが多く付与されるということ。
国内線でいうなら、特割や旅割注6運賃よりも、普通運賃。普通運賃よりもプレミアムクラス(プレミアムエコノミー)を選択した方が、その付与率が更に上がる。
同じ出張なら多くプレミアムポイントがつく運賃をできれば選びたい。この際自腹を切ってでも。。。

(切らなくていい方法もある。本ポスト最下部に記載。)

しかしながら、今時、出張フライトを普通運賃で利用する方はいないと思われます。というか、許されない?
そして、プレミアムクラスなどは利用できるのは幹部から、など厳格に規定されている会社もあるかもしれません。

どの程度、運賃と付与されるプレミアムポイントが違うのか。
国内線で解説してみます。
まずは羽田ー福岡便の運賃体系の違いよる価格の違い、またその下に付与されるプレミアムポイントをまとめてみました。

f:id:tkggle7:20170402100505j:plain

f:id:tkggle7:20170402100510j:plain
(片道)運賃別PP(プレミアムポイント)付与(例:羽田ー福岡)

  普通運賃 特割 旅割21 プレミアム
運賃

プレミアム
旅割特割

プレミアム
株主優待
運賃体系 運賃3 運賃5 運賃7 運賃1 運賃2 運賃2
運賃(円) 41,390  26,590  25,290 50,390 35,090 27,840
PP 1,534  1,250  850 2,101 1,817 1,817

※ プレミアム運賃にはプレミアム旅割28というお得な運賃体系もあるのですが、福岡便には設定がなく、割愛しております。
株主優待はANAの株主優待券を保有することで利用できます。当ブログでもいくつかのポストで扱っています。この株主優待券は金券ショップなどで一般の方も買うこともできます。相場は片道4,000から5,000円というところです。わざわざ追加料金を更にで、この運賃を使いたくなるか。これは修行モードに入っている方なら分かってもらえるかも。

注6:旅割については当ブログ、関連ポストにて確認ください。

【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

運賃体系の一覧とプレミアムポイント算出に関連する係数情報の表になります。
計算時、左の「積算率」と「搭乗ポイント」というのが大きく関わってきます。この計算方法については前述の「プレミアムポイント」について解説している当ブログの関連ポストを参考にしてください。

f:id:tkggle7:20161120155256j:plain

f:id:tkggle7:20161120155308j:plain

f:id:tkggle7:20161120155319j:plain

プレミアムポイントが運賃によって変わるんだったら、高い運賃を利用したい。
特割とプレミアム運賃にあまり差がない場合、(プレミアム旅割28なんぞは特割とほぼ変わらない時がある。若干高いケースがほとんど。ほんと同じにしてよ〜と思うことしばしば。逆転することもあるが、それはそれで困る。。。笑)プレミアム運賃を使いたくなる。

ただ、サラリーマン、OLの皆様には出張費精算という壁がある。
使うべき、使うことが許された枠で処理しなければならない。
要は領収書を枠内に収めたい。
ANAにはこれに答える領収書を分割してくれるというありがたいサービスがある。
というか、普通といえば普通のサービス?これを有効に使いたい。

ちなみにJALではクラスJなど、グレードの違う運賃利用した場合にも領収書からその分を外すという機能が通常のWeb上で行えた。どちらかというとこの機能がANAにも欲しいところではある。

通常のフライトで更にPPを稼ぐには

例えば実際に行った国内線予約の羽田ー那覇、海外旅作での予約の成田ーシンガポールのケースで考えてみる。

ケース1
羽田ー那覇では、往復62,680円を使った。これはプレミアム株主優待の運賃。
会社で通常、処理するなら、特割運賃にするケースが多い。その価格は往復で52,380円。
よって、62,680円を52,380円と残りで、領収書が欲しくなる。

通常出張の場合、費用は52,380円、PPは3,752。

となるところを、今回は
10,300円(+ANA株主優待券の購入、約4,000円 x 2)の自腹。
それで
得られたPPは5,720で、
通常出張の+1,968が得られたことになる。

多少、知見のある方はここでPP単価(プレミアム単価)を気にするかもしれないが、この際あまり気にしない方がいいと思われる。なぜかというとトータルで考えるべきだから。
ちなみに、ANAフライト、旅作などはスカイコイン注7で支払うことができる。
支払いは組み合わせて支払うこともできる。
例えば、出張分(クレジットカード)と自腹分(スカイコイン)の支払いを分けることができるということ。

基本、領収書は支払い方法も明記されるので、分けてもらう時にどちらにどちらで支払ったことにするのか、指定する必要がある。

注7:スカイコインは航空券と旅行商品のWEB購入時に使える電子クーポンです。ANAマイルからスカイコインへ交換可能です。

www.anasfcmilers.com

ケース2
次はシンガポール、海外出張編。
この場合、海外旅作で申し込んだ。
また、PPを最大限獲得したいため、国内区間の乗継を組み合わせた。
普通、会社の出張でわざわざこんなことするやつはいない。笑
地方から例えば、東京を経由しての海外出張をされる方はこの方法があることを知っておこう。ただし、費用を抑えることが重要なのか、PPを稼ぐことが重要なのか、はお任せする。

なお、この国内区間、日本全国どこの区間をくっつけても、片道は5,000円。
また、プレミアムポイント算出時の搭乗ポイント:400はないものの、積算率は100%。(追記:このルールが2018年10月から変わる。)注8(運賃4の分類になる。)なので、例えば、今回は那覇から成田(この部分が国内区間)、成田からシンガポールというフライトにした。
(当方、東京近郊在住のため、那覇へ行く手立てが他に必要だが、領収書には無関係なため、ここでは割愛。)

だが、国内区間を出張の領収書に含まれるとおかしいことになる。
お前は那覇からどうして行ったんだと。まさか急に海が見たくなったとも言えまい。
東京湾でもいいだろうと、ややこしい話になる。
なので、これを分割。ただ、旅作の場合、宿泊費も込みになったりするので、もう何がなんだか、わからん状況ではあるが、分割できる事実というのを共有しておきたい。

で、結論としてくっつけた国内区間、
自腹で10,000円追加、往復の追加PPは3,752。

ちなみに、国内区間をくっつけるだの、ややこし話の背景は当ブログの別ポストで確認いただいた方がよろしいかと。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

注8:積算率が一律100%でなくなる。詳細はANAの公式サイトでどうぞ。
【関連リンク】

www.ana.co.jp

領収書の依頼方法

領収書の依頼の仕方、通常皆さんはWeb上で発行されていると思います。
今回のケースでは従来の簡単な方法は取れません。
電話とWebにて指示する必要があります。
また購入後、1年以内のものとか、再発行は受け付けないとか(再度、依頼すれば大丈夫なようだが。)少し面倒ではある。
また、受け取りも郵送の場合とWebで申し込みの場合にはメールにて送信される。

メールの場合、申し込んでから一両日で届く感覚。郵送の場合、1weekくらいと言われたが、2日くらいで届いた。

では具体的な方法。

その①
国内線、国際線とも下記に電話でお願いすることになる。
ANAカードデスクお問い合わせ
0120-029-747/0570-029-747(全国一律料金)03-6741-6684
※ 携帯電話からは有料ダイヤルとなる。

受付時間
国内線予約:6:30〜22:00(年中無休)
国際線予約:24時間(年中無休)

その②
WEB上でやる。旅作は国内・海外ともWebで依頼となる。

国内旅作:領収書発行依頼入力画面

海外旅作:海外旅行領収書申請フォーム

最後の記入ページにて「その他通信欄」などに領収書と金額を分割して欲しい旨を記載して送信。
但し書きは下記に引用したメールの通り、「出張旅費の一部として」などとなります。ちなみに、フライトと宿泊などと分けて発行も受けてもらえない。
どちらがいくらと設定できないからだと思われ、こちらの都合で振り分けることは事実に反しますので、受けてくれないのだと思います。 

ANAサイトからの操作手順は下記の通り。ここでは海外ツアーのヘッダーメニューから入っていきます。

f:id:tkggle7:20170401212941j:plain

領収書発行をタップ。

f:id:tkggle7:20170401212945j:plain

この画面が表示されます。後は入力していきましょう。分割については「その他通信欄」への記述でOKです。

f:id:tkggle7:20170401213305j:plain

f:id:tkggle7:20170401213310j:plain

そうすると、下記のようなメールが入ってきます。

 

f:id:tkggle7:20170401212716j:plain

f:id:tkggle7:20170401203329j:plain

f:id:tkggle7:20170401203336j:plain

ところで、一度、出力してしまうと、二度はできません。ご注意。
全く受け付けてくれない、ということではなく、再度依頼すれば応えてくれますが。

f:id:tkggle7:20170402120823j:plain

【スポンサーリンク】
 

実際の領収書例

その①
実際に郵送されてきたものです。

f:id:tkggle7:20170401205255j:plain

前述の通り、支払い方法と利用したフライトの明細は記載されます。宛名ももちろん指定可能。

f:id:tkggle7:20170401205208j:plain

f:id:tkggle7:20170401203313j:plain

その②
こちらは海外旅作利用。メールにて送られてきたリンクで表示されたもの。PDFです。
海外旅費(フライトと宿泊)と国内区間と分けてもらったイメージです。
但し書きはあくまでも出張旅費の一部として、となります。

f:id:tkggle7:20170402120944j:plain

f:id:tkggle7:20170402120948j:plain


こちらはたまたま手元にあったので、参考まで。
国内旅作の領収書。但し、分割はしていません。

f:id:tkggle7:20161130081520j:plain

自腹分の費用捻出

自腹を自腹としない方法もあります。
その辺のノウハウをまとめた当ブログの下記、関連ポストも参考にどうぞ。
前述の通り、スカイコインで自腹分は充当できるわけですが、このスカイコインを捻出するためにはANAマイルを貯める必要があります。

ANAマイルは通常フライトの度に利用距離に応じたマイルが付与されるわけですが、周知の通り、ショッピングなどでも付与されます。

ただここからが重要なポイント。それらで付与されるマイルは意外と少ない、どっちでもいいと思われるレベルだったりする。
もっと効率的に、しかも費用を抑えてANAマイルを獲得する術があります。

場合によっては飛行機に乗らないでANAマイルを貯め、スカイコインに変えて、飛行機に乗りまくり、前述の上級会員であるプラチナやダイヤモンドメンバーになっている人達もわんさかいます。

【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

www.anasfcmilers.com

・改訂履歴
Rev1.0 17/9/9 国内区間、乗継時のプレミアムポイント積算率が変更されたことを追記。

【スポンサーリンク】
 



マイレージ情報はこちらからも確認できますよ。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
(PCの方、+CTRL押しでリンクに飛びません。)


f:id:tkggle7:20170826120500j:plain
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain 年間200万P以上を貯めて毎日ANAマイルに換える
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain ANA、SFC修行のためにまずやった6つのこと
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)とは
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain
 ANAマイルが貯まらないというあなたへ
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain
 新幹線宿泊出張でもANAマイルが断然貯まる
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain 国内ANA旅割の予約・発券 裏技集
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain 欧州ビジネスクラス往復、格安10万円で
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain ファーストクラスを格安で手に入れる方法