ANAマイルとSFC修行で世界旅

空陸両用ANAマイラーのSFC修行、現実的ノウハウ

【スポンサーリンク】

ANA、SFC(スーパーフライヤーズカード)入手前の準備、『家族カード』はどうする?

f:id:tkggle7:20170408173457j:plain

 
そろそろANAプラチナサービスメンバーのステータス注1が達成できそうなので事前準備を色々と考えている最中なのですが、
SFC(スーパーフライヤーズカード)注2は家族カードも保有できることをご存知だろうか。
そして、保有者である家族もほぼその恩恵を受けることができる。
これはかなりでかい。
家族旅行のラグジュアリー感が上がる。

なんか、急に飛行機に乗り始め、不審がられてたあなたの株も一気に上がる。
で、その家族カードいつ作ればいいんじゃいと。
先に作った方がいいのか、だとして作ると会費取られるし、だったらギリギリまで待っておくか、いや子供のはどうするんだ、などあれやこれや気になって落ち着かない。

注1、2:ANAプラチナサービスメンバーとは、ANA上級会員のステータスの一つです。このステータスを達成することで、SFC(スーパーフライヤーズカード)が入手可能になります。詳細は当ブログ、関連ポストをご覧ください。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)で受けられるサービス

最初に家族カードの前に、そもそものANA SFC(スーパーフライヤーズカード)について。
ANA SFCを入手すると、同時にスターアライアンスのゴールドメンバーにもなれる。
ANAだけでなく、スターアライアンス便に乗る時も同様のサービスが受けられる。

まず、海外のラウンジ利用でこれは助かる。間違いなく。
ラウンジだけでなく、優先チェックイン、優先搭乗なども可能。(一部、専用保安場の利用が制限されている空港もあったと記憶。忘れたくらいなので、そんなにないと思いたい。)
ちなみに家族カードで受けられないサービスは下記のみ。

・カード更新時の継続ボーナスマイル(2,000マイル)

・アップグレードポイント注3の付与

・手帳&カレンダーのプレゼント

注3:アップグレードポイントとは、はこちらをどうぞ。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

SFCで受けられる主なサービス

・フライトで獲得できるマイルが変わる
35%~50%のボーナスマイルが加算される。
SFC一般カードが35%。SFCゴールドカードが40%。プレミアムが50%。
上級メンバーでもある場合、より好条件を適用。
例えば、クレジットカードグレードでもこの付与率は変わる。ANA VISAワイドゴールドでは25%となる。なので、より良くなる。
ダイヤモンドなら一気に115から130%が加算される。

・プレミアムメンバー専用サービスデスクが使える
格段に電話がつながりやすくなる。応対のレベルが上がる。(ったような気がする。)

・予約時の空席待ち優先
国内線、国際線ともに、本人、同一予約の同行者の空席待ち予約も優先される。

・国内線座席指定の優先
通常、24時間前にオープンになる非常口近くやバルクヘッド席等の足元が広い座席を予約時から指定可能。また、一般会員よりも前方の座席を指定できるようになる。到着したら早く降りたいもんね。

話は少し逸れるが、この間、中国で国内線に乗ったけど、到着して、シートベルトサインが解除されるや否や、後方の座席から駆け出して、先頭まで行った強者がいた。
恐るべし、中国。というかそういう得意技をお持ちの御仁には勝てない。

・特典航空券の優先
本人、同行者(事前に特典利用要登録)の特典航空券の予約、空席待ちが優先される。
また、上級メンバーのみに開放される優遇席もあり、格段に取りやすくなる。
これはでかい。SFC取得を目指した理由としてこれが大きい。半年前は特典利用でアップグレードできる運賃とそうでない運賃があることを知らなかった。。。

・空港での空席待ち優先
空席待ち優先順位がダイヤモンドメンバーの次となる。

・ANAラウンジの利用(同行者1名までOK)
ANAラウンジやスターアライアンス加盟航空会社のラウンジが、同行者1名を含めて利用可能。
航空会社のラウンジが好きな理由はビールなどアルコール飲料がただなこと。出張帰りにはこれはかなりありがたい。この間の熊本空港では立ち飲み状態になっていた。笑
国際線では食事のサービス(ビュッフェ)もあり、最近成田、羽田では時間限定のシェフサービスなども始まって人気です。始まる頃には並びます。笑
このANAラウンジ、さらにグレードの高いANA SUITE LOUNGEというものもありますが、それは使えません。

・座席のアップグレード(アップグレードポイントの利用)
国内線はプレミアムクラスへ、国際線はビジネスクラス、ファーストクラスへのアップグレード可能。
国内線は搭乗当日、空港にて空席がある場合に適用される。特典航空券からのアップグレードも許される。
国際線は元の予約席がアップグレード可能な運賃であることが必要。
これは事前サービス期間では利用できない。

ただし、国際線プレミアムエコノミーへの変更については特別ルール。
空席がある場合、対象運賃以外で搭乗の際も、追加料金なくANA国際線プレミアムエコノミーにアップグレードされる。
オンラインチェックインを利用すれば、搭乗24時間前からの早い者勝ち。
f:id:tkggle7:20170219083409j:plain

・優先チェックイン
f:id:tkggle7:20161126060025j:plain

国内線ではANA PREMIUM CHECK IN:ANA プレミアムチェックイン(羽田空港にちょっと雰囲気の違う入り口があるのをご存知だろうか。)、国際線はビジネスクラスのチェックインカウンター、もしくはスターアライアンス・ゴールドのサイン表示の優先チェックインカウンターが利用可能。
ただし、これは例えばゴールドカードを持っていればチェックインできたりします。ANA VISA ワイドゴールドはできる。

国内線でプレミアムチェックインがあるのは羽田、成田、伊丹、関西、神戸、新千歳、名古屋、福岡、那覇、小松、広島、宮崎、鹿児島となります。

・専用保安検査所の利用
国内線で専用保安検査所があるのは羽田、新千歳、伊丹、福岡です。
プレミアムチェックインから入ると、そのまま専用保安検査所へつながっていきます。羽田などはそこを抜けるとANAラウンジ。
間違いなく一般の保安検査所より断然早く通過することが可能。朝早いフライトは空港到着時間をさらにギリギリにしてしまっています。なんなら15分前くらいでもいけるのではなかろうか。笑

国際線の場合、成田ならスターアライアンスゴールドトラック、およびプライオリティレーン、羽田ならプライオリティレーンが利用可能。
ちなみに、国内線はプレミアムエコノミー利用でもプレミアムチェックイン経由で使えます。

・手荷物受け取りの優先
預け入れ時、荷物にプライオリティタグをつけてくれる。
バゲージクレームで最初の方で出てきてくれる。
これもかなりありがたい。

・手荷物許容量の優待
国内線の場合、プラス20kg増えて、プレエコ利用でそれぞれ60kg、エコノミーで40kgまで無料。
国際線の場合、無料手荷物許容量が、プラス1個まで無料。
これはどうだろう、あまり大荷物を持ったことがなく。出張者や駐在員にはありがたいサービスなのかな。

・優先搭乗
搭乗クラスには関係なく、優先して機内に入れます。
ダイヤモンドの次に入れますので、優越感と余裕を持った搭乗が可能です。

・羽田空港駐車場の優先予約
羽田空港第2ターミナルP3 駐車場の予約が優先。

・ANAマイルからANA スカイコインへ特別倍率で交換
50,000マイル以上の交換で通常の1.6倍となる80,000コインに交換可能。
ただし、これは当ブログでも推奨しているANAワイドゴールドカードと同じ。
プラチナメンバーの下のブロンズメンバーでも1.7倍なので、ブロンズメンバー以上を達成、維持した方がこの点のメリットを更に享受できる。
【関連ポスト】
www.anasfcmilers.com

・アップグレードポイント

前年の利用状況に応じて、付与されるが、これは上級メンバーを維持していれば同様に付与されるもの。

その他情報は公式サイトもご覧あれ。
【関連リンク】:

www.ana.co.jp

そしてここからが重要。
冒頭の
SFCは家族カードが保有できる。
SFC獲得は家族の誰かがやってしまえば良い。

本会員がクレジットカードを既に保有していれば、
本会員の家族は基本的に無審査で家族カードを持つことができる。
一般的に、本会員と生計が同一の配偶者,親,満18歳以上の子(高校生を除く)
であれば家族カードが発行可能。
また、AMEX:アメックス。Diners:ダイナースは生計を共にしていなくても家族カード発行が可能。

家族全員で持ってしまえば、良い訳だが、優先されることも子供がまだ小さいなら、どさくさでほぼ同時にやってしまえるものが多く、ラウンジは同行者1名までOKなことを考えると、配偶者のものを合わせ、計2枚でもなんとかなるかも。
そこは家族構成で考えてみてくだされ。
うちはそこそこ大きいので全員保有で旅行に行きまくります。
後、気にすべきは家族間のマイルの合算くらいか。

【スポンサーリンク】
 

ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)を入手する条件

知らない人のためにちょっとだけおさらい。
半永久ステータス、SFCを入手するためにはいくつかの条件があります。
簡単に言うと、ANA上級メンバーであるプラチナ以上になればよろしい。
このプラチナメンバーになるには1月1日から12月31日までの1年以内に、ANA便やスターアライアンス便に乗って、5万プレミアムポイントを達成する。
(ANAグループ便で25,000ポイント以上が条件、それ以外ならシンガポール航空やチャイナエア、ルフトハンザでも良い。)

条件を達成すると翌年4月から1年間、上級会員であるプラチナメンバーになれる。
そして、このプラチナメンバー(以上)になれると、SFCの申込みができる。

また、さらにここも重要。
早く達成した人のために事前サービスなるものもある。
早ければその年の4月からその恩恵を受けることができる。
私などはもうそろそろなのだが、一気にダイヤモンドを狙おうとしている、ダイヤモンドは毎年その条件をクリアしないといけない。なのでこの事前サービスは非常にありがたい。

ちなみに、事前サービスも4月から、になる。
余談になるがブロンズを達成した後、4月前、サービスデスクに電話して、事前サービス適用で既に予約しているフライトのマイル獲得を増やすべく、話をしようとしたがなんか噛み合わない、マイレージ問い合わせに廻されてわかった。まだ事前サービスが始まっていないことを。恥&プチクレーマー

ちなみにSFC入手条件をクリアしたら下記からアクセスして請求しよう。
新規SFC入会時であれば、本会員・家族会員が同時に申込みできる入会申込書をANAウェブサイトを通し、請求できる。

www.ana.co.jp

既にSFCホルダーであれば、電話でANAマイレージクラブ・サービスセンターへ必要書類を請求する。

SFCとして選べるカードは本ポスト、最下部に記載。

※ JCBカードの二枚持ちも可能。なのでソラチカの解約も不要。

審査を通過すると、ANA スーパーフライヤーズカードが自宅に届けられる。
審査というのは通常のクレジットカード審査と同じ。 ただし、通常既に修行中、もしくは出張がそこそこある方であればクレジット機能付きのカードを保有していると思う。
当ブログでも推奨しているがANA VISAワイドゴールドとか。 さらにグレードの高いカードが欲しいのなら、先に保有しておくことをお勧めする。
審査落ちするとSFCがもらえない。
「同一ブランド同一グレードなら、切替時の審査落ちはない」からです。

ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)の家族カードはいつ作るべきなのか。

結論はいつでもOK。
なのですが、他の理由があり、配偶者のものは先に作って活用しているケースがSFC修行僧の中では多い。

そして、これも重要、
ブランドの切替は、事前プラチナサービス、プラチナサービス期間中だけでなく、本会員がSFCホルダーであれば、いつでも申し込むことができる。

次にカードは家族全員のものを保有すべきか。

これは前述の家族構成の他、心構えもあるように思う。まず年会費の負担が発生する。リボ設定や決済年1回利用して減額したとしても。
で、受けられる恩恵は前述の通り。
子供が大学生ならこちらが負担することになるやもしれぬ。

ただ、そもそもフライトのお金をどうやって捻出するか、ソラチカの問題もある。
一人なら216,000 ANAマイル/年が、家族四人なら864,000 ANAマイルまで持っていくことも可能だ。
より多くのANAマイルをゲットしたければ、家族分作っておいてマイルを合算したくなることもあるだろう。

ANAマイル、なかなか貯まらない。。。とほぼ興味が失せている方は必見です。
その辺の話は以下の当ブログ、関連ポストが参考にしてみてください。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

www.anasfcmilers.com

ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)の家族カード保有後にやるべきこと

基本的にやることは二つ。
まずどのカードでもファミリーマイルへの登録は必須と思っておいて良いと思います。後は家族会員の年会費を抑えられるなら、抑えたい。注3
ANA VISA/Master の場合、一般・家族カードは通常、年会費4,000円(税抜)ですが、マイ・ペイすリボ登録、かつ年1回以上の利用で、2,500円(税抜)になります。
WEB明細による割引はない。

ゴールドカードはマイ・ペイすリボとWEB明細サービスを利用すると、家族会員は6,000円(税抜)に割引きされます。

・ファミリーマイルに登録

www.ana.co.jp

マイルを皆でかき集めて使えるということですな。

f:id:tkggle7:20170409122337j:plain

・マイ・ペイすリボ登録

・年1回の決済利用:何らかのリマインダーをオススメ

注3:年会費を抑える方法、詳細は下記、当ブログの関連ポストを参考にしてください。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

SFCのカード種類と年会費
繰り返しますが、当ブログ一番の推奨は「ANA VISA ワイドゴールド」になります。
後は飛行機を使う出張の多い方なら、AMEXのゴールドも悪くないです。
VISAよりも年会費が高いけど。
その辺は当ブログの関連ポストをご覧ください。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

ANAスーパーフライヤーズカード(一般カード)


JCB・VISA・マスターカード

ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード


JCB・VISA・マスターカード

ANAダイナース スーパーフライヤーズ ゴールドカード


ダイナース

ANAアメリカン・エキスプレス


スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード

ANA JCBスーパーフライヤーズカード プレミアム


JCB

ANAダイナーススーパーフライヤーズ プレミアムカード


ダイナース

ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード


VISA

ANAアメリカン・エキスプレスR スーパーフライヤーズ・プレミアム・カード


American Express

【スポンサーリンク】
 

 
マイレージ情報はこちらからも確認できますよ。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
(PCの方、+CTRL押しでリンク先に飛びません。)


f:id:tkggle7:20170826120500j:plain
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain 年間200万P以上を貯めて毎日ANAマイルに換える
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain ANA、SFC修行のためにまずやった6つのこと
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)とは
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain
 ANAマイルが貯まらないというあなたへ
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain
 新幹線宿泊出張でもANAマイルが断然貯まる
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain 国内ANA旅割の予約・発券 裏技集
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain 欧州ビジネスクラス往復、格安10万円で
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain ファーストクラスを格安で手に入れる方法