ANAマイルとSFC修行で世界旅

空陸両用ANAマイラーのSFC修行、現実的ノウハウ

【スポンサーリンク】

ANA SFCの有効性検証『ビジネス出張編』。保有そのものが裏技だ。

f:id:tkggle7:20170709093112j:plain

 

国内外出張の多いビジネスウーマン、ビジネスマンの皆様、お疲れ様です。

楽しいですか?出張。

楽しくない?何で?

私は楽しいですよ。とっても。
特にフライトが絡む出張。
というかフライトが絡まないと行きたくない。(それはそれで問題だろ。)

なぜかというと、ANAのSFC(スーパーフライヤーズカード)注1を持っているからです。

フライトが伴う出張はSFCで色んな優先されるサービスがあり、ストレスレスに。
更に新幹線などを利用するよりも、はるかに楽しいことが待っています。

ちなみに、ANAのSFC、出張の多い皆さんは私同様、手の届きやすい位置にあります。
(詳細は当ブログ、関連ポストで確認いただくとして。)

私は今年、7月にやっとこさANAのプレミアムメンバーであるプラチナステータス注2を達成し、晴れてSFCホルダーとなりました。
このことにより、私のフライトを伴う出張が俄然、良い方へ変わり始めました。

保有後も出張に行ってますので、もうそれはそれは満喫しています。
最近はいろんな特典が普通になってきてます。
ある意味やばいというか、麻痺ってます。
この状態が、

永遠に続けばいいのに。。。

永遠に続くんです。笑

はっきり言ってこのアドバンテージはもう手放せない。
だから、手放せない、というか、半永久ステータスだってば〜
出張族の皆さん。目覚めよ。(神の声的に聞こえたことイメージしてみてください。)
今こそ、自分の境遇を最大限、活かすのです。

ということで今一度、どんなメリットがあるのか、これはもう知らない人にとっては裏技級なこと、まとめていきたいと思います。

注1:SFC(スーパーフライヤーズカード)については、当ブログ、関連ポストをご覧ください。
どうやって手に入れるか、もこちらで大体わかります。

【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

注2:SFC修行では最重要、プレミアムポイントの説明とともに、当ブログ、関連ポストをご覧ください。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

飛行機利用でも空港内の手続きがとにかく早い、時間が読める。

さて、SFCホルダーになってのメリット。

先日、シンガポール出張に行った時のこと。空港は成田。

状況として、
通常2時間前には空港に行くことにしている、多分皆さんもほぼ同様と想像。
が、今回は所用があり、時間がない。

フライトまで1時間強で到着。(搭乗開始時間までには1時間を切っている。)

通常、私はこの状態で半泣きになっているはず。(でも結局、搭乗ゲート前で待つんだけど。)
そして、魔が悪いことは続く。携帯の電源を充電していないことに気づいた。
まずい。。。
向こうに着いてすぐ、全く電話できないのは困る。

さて、まずはチェックインをしなければなりません。
通常は念のため、スマホ内にEチケットの準備をしてますが、今回はネット経由で、オンラインチェックイン済み、スマホのWalletアプリ注3にも展開済み。
(国際線は今まではできなかった気がするが。最近できることに気づいた。ただし、復路はカウンターでチケットを受け取る必要があった。これはその後の韓国でも同様。)
なので、本来なら手荷物検査に直行したい。

注3:ANA公式サイトで確認ください。

www.ana.co.jp

ただ、残念ながら、預ける手荷物がある。
よって、そのためだけにANAカウンターへ。
通常なら手荷物カウンターでやればいいが、もう面倒なので列の少ないビジネスカウンターへ。

f:id:tkggle7:20170729140508j:plain

SFCホルダーはビジネスクラスのチェックインカウンターが利用できる。
これはゴールドカードを保有していてもできる場合があるが、ここからがポイント。
SFCホルダーは荷物に「プライオリティタグ」なるものがつけてもらえる。

f:id:tkggle7:20170729135809j:plain
シンガポールのバゲージクレームですぐに荷物が出てくる。
これはありがたい。
ずーっと待つの結構ストレス。
さて、預けるのはものの5分で終了。次は機内持ち込みの手荷物検査場へ。

むむむ、ちょー混んでいる。マジか。苦笑
時期的にも7月で学生も休みに入り始めている。連休前というのもある。土曜出発だしな。。。

でも関係なし。
SFCホルダーは優先レーンから入れる。
ここで15分は短縮。
厳密には成田は優先レーンはスターアライアンス・ゴールドメンバーならOK。
よって、SFCホルダーの私も問題なし。
入り口でWalletアプリのチケットを見せる。 

さて、まだ搭乗開始時間には時間がある。携帯も少しでも充電しておきたい。
ビールの一杯も飲んでおきたい。

なのでラウンジに向かうことに。
ANAラウンジ、国際線はビュッフェが用意されており、食事やアルコール飲料が楽しめる。
このことを知らなかった私はいつも自腹でどこかかのコーヒーショップでコーヒーを飲んでいた。こんな楽しいことも知らずに。
で、今回は食事は機内で取るつもりだったので、ラウンジではビール一杯と携帯の充電、ついでにメールもチェックした。

f:id:tkggle7:20170729144942j:plain
外の喧騒から離れて、落ち着いた雰囲気で出張の準備ができる。

仕事ができるビジネスパーソンみたいだ。
誰も言ってくれないので、そう思うことにした。

結論として、ANAカウンターで荷物を預けてから10分もかからないうちに、ANAラウンジに辿りついた。

勝った。。。
独りごちてみた。

30分くらいのラウンジ滞在、充電も十分だろうということで、搭乗開始時間前にはゲートに到着。

さて、ここからがまた違う。
優先搭乗というのはご存知だろうか。乳幼児連れや手伝いが必要な乗客が最優先だが、その後は上級ステータスのメンバーに提供されるサービス。
そう、権利を持たない長蛇の列に並ぶ、こちらの羨ましがる視線を背中に感じながら、さっさと機内へ乗り込む、乗り込めない側には少し不愉快なサービスだ。
一層のこと、乳幼児にでも化けようかと思うことがある。(たぶん、違うところに連れて行かれるだろう。)

f:id:tkggle7:20170729140249j:plain

で、もうSFCホルダーの私、優先搭乗で機内に入れる、ほぼ待ち時間なし。
背中が痛い。

し、視線が突き刺さったみたいだ。

シートはプレエコにしておいた。
ビジネスには負けるが、そこそこ快適なフライトを楽しめた。

さて、晴れてシンガポール・チャンギ空港へ到着。
手荷物を受け取りにバゲージクレームへ。
みなさん、覚えているだろうか、「プライオリティタグ」が私の荷物についていることを。
コンベアが動き出して、5分も経たない内に私の荷物が出てきた。

f:id:tkggle7:20170729135926j:plain

待っている他の御仁を尻目に、空港を後にした。

多分、他の皆さんが荷物を受け取り、空港を出る頃には、ホテルでバスローブを身にまとい、ブランデーグラスを片手に、葉巻をくゆらしていることになるだろう。(ここは作り話。)
f:id:tkggle7:20170707212917j:plain

ところで条件を少し変えてみる。
繁忙期、学生が休みの時期、混んでいることを想定して、早めに空港に向かうことはないだろうか。
2時間じゃ不安になって、3時間くらい前に行ってみる。
保安検査場の長蛇の列にうんざりも嫌だが、予想が外れて殊の外、スムーズに出国エリアに放り出されても、それはそれで困る。
ウィンドウショッピングにも限界がある。
そこで、選択肢に困り、カフェにでも入って、ビールでも飲んで余計なお金を遣うという羽目になる。
もしくは繁忙期ならその選択肢も難しいかもしれない。
こんな時にANAラウンジが使える。
わざわざ早めに行ってもいいくらいだ。というかそれをオススメする。

前述の通り、国際線のANAラウンジは食事もビュッフェ形式で用意されている。
ヌードルや丼モノも頼めたりする。
飲料もアルコール(色々揃っていると思っていいが、私は国内同様、自動生ビールサーバーが設置されているのがなんとも気分が良い。冷えたうまいビールがいつでもいただける。)・ノンアルコール飲料、コーヒー、お茶、もちろん水も。
トイレ、シャワーなどの設備も充実している。

f:id:tkggle7:20170218211634j:plain

 ANAラウンジはファーストクラス乗客が利用できるANA SUITE LOUNGE注4が(ANAスイートラウンジ)更に上にあるが、世界的にみてもそこそこ綺麗で、食事も充実していると思われる。(世界中、隈なく見て廻ったわけではないが。)
規模もそこそこでかい。

注4:ANA SUITE LOUNGE(ANAスイートラウンジ)、実はみんな利用できる方法があります。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

出発前にゆったりとした時間を過ごす、やり残した仕事を片付ける、今までの出張時の景色が間違いなく変わることを感じることになるだろう。
(なぜ、この間まで知らなかったくせに、こんなに上から目線なのかはよくわからん。)

お次は国内出張。もっと、タイト。
SFC未ホルダーの良い子は真似しちゃダメです。苦笑。

朝、羽田7時前のフライトは関東圏には住んでいるものの、ちょっと辛い。
今までなら、30分前でも不安を感じていたが、この間の福岡出張では20分前の荒技行使。
いつも京急利用。空港に着いたら、エントランスの眼前に現れる「Mercedes me Tokyo HANEDA」のど真ん中、エスカレーターを皆さん使うのかもしれないが、私はここはスルー。左に折れて、一番奥のエスカレーターで出発ロビーへ。

なぜかというと、上がってすぐに「プレミアムチェックイン」のカウンター入り口があるからだ。
入ったことのある方はすでに承知していると思うが、ここから入ると気分が良い。
今日はワンランク上の仕事をしないとな、と思ったりもする。
(できているかどうか、報告する義務もないので、まあ安心だ。)
なので、皆さんにも体験して欲しい。
f:id:tkggle7:20161126060025j:plain

国内線は国際線以上にiPhoneのWalletアプリにお世話になっている。
すでにオンラインチェックインでWalletアプリに展開済み。
ここから入ったとしても、右手に見えるカウンターでチェックインはせず、スルーして、二つある保安検査場のいずれかへ。
ここで手荷物検査はほぼ待ち時間ゼロで終了。
心なしか、担当の方の態度も違う。なので私も優しくなれる。

終われば、この後、時間があれば、その先にあるANAラウンジへ、時間がない場合はそのまま搭乗ゲートへ。
さすがにギリギリだと、搭乗開始時間後のこともあり、優先搭乗の権利は失効され、皆様と同じタイミングで機内へ。(背中も痛くないので助かる。)
通常はプレエコにしているので、まあストレスなく、すぐに着席。

国内出張でいうと、他の選択肢として新幹線がある。
この利点は断然、時間が確実に読めること。
世界中どこを探してもここまでの時間の正確さで運行されている鉄道はない。
運行間隔を外人が聞けば信じない場合が多い。(不可能だと思うみたいだ。)

それに対し、飛行機出張は時間が読めない、というか、不安なので、必要以上に前後に余裕を確保する必要がある。
都内からのアクセスも空港よりはいい御仁が実際のところ、ほとんどではないだろうか。

だが、SFCホルダーになれば、余裕がなくてもそこそこ時間が読める。

時間がある場合にはANAラウンジ(カードラウンジではありません。)などでくつろげる、食事も取れる、ビール他のアルコール飲料も楽しめる、ということで新幹線利用に比べ、断然楽しみが増える。

行きはないとして、帰りのラウンジでの一杯のビールは本当に楽しみだ。
(一杯と言わず、どんどん飲んでもOK。)
ありがとうSFC。と小躍りしたいくらいだ。

ということで、
SFCホルダーになることで、
今までのディスアドバンテージはなくなり、
プラスαの特典すらあり、楽しめるということ。

大阪出張は飛行機利用に変えたことはいうまでもない。笑

今はまだピンときてないかもしれない。

が、SFCホルダーになった時、出張帰り、伊丹のANAラウンジで生ビールを飲みながら思い出して欲しい。

【スポンサーリンク】
 

SFCの特典、おさらい

さて、SFCホルダーの特典おさらい。
無論、前述以外にもなかなかの特典が準備されている。これが半永久に続く。

・スターアライアンス・ゴールドの資格をキープできる。
SFCは会費を払えば永続的に保有できるので、スターアライアンス・ゴールドの資格も自動的に永続的に保有できることになる。
これは海外に行った場合、現地のラウンジ利用で使えるケースが断然増える。

・空港の手続きで人が待っている、例えば「専用保安検査場」が使えるので、時間が掛かるところをすりすりすり抜けられる

手荷物検査の優先レーンもスターアライアンスゴールドメンバーの専用レーンが設定されているケースがあり、前述の通り、成田空港はこれになります。

・ラウンジは航空会社のそれが使える

・航空会社のラウンジ(同伴者1名共々)が使える

 いつものカードラウンジとはちょっと違います。
雰囲気で言えば、穴場なカードラウンジもありますが、カードラウンジとは一線を画します。
地方空港では贅沢は言えません、伊丹以外は。でもカードラウンジとは違う。
海外でもスターアライアンスメンバーのラウンジ、例えばルフトハンザとか、シンガポール航空、アシアナ航空とか、が使えます。
ちなみに海外のラウンジはずっこけることもある。日本ってやっぱりいい国だな〜と思う。

・手荷物の優先受け取りができる
前述の通り、SFCホルダーなら「プライオリティタグ」なるものをつけてもらえる。これファーストクラス、ダイヤモンドメンバーでつけられる「ファストタグ」の次にバゲージクレームですぐに荷物が出て来ます。

早く出てくるの、運がいいな〜とか思ってる場合ではありません。
(私は昔、本気でそう思っていた。早くにチェックインすると奥に入れられるから、遅くチェックインした方がいいのか?とか。苦笑)

待ちたくないから、無理くり手荷物に収めて、機内に持ち込んでる人いると思いますけどね、持ち込めないお土産の収納にやっぱり困るケース(ワイン、ビール、プリン、ドレッシングなどなど)があるんですよね。
折角行ったんだからお土産くらいね。買って帰ってやりたいし。

・搭乗ゲートでの、優先搭乗のお客様からですよ~の列に堂々と並べる

これも前述通り。すぐに機内に入れる優越感と待つストレス、出遅れての荷物の収納に困ることなどのストレスから解放される。
・ANAのフライトマイルが貯まりやすい

ボーナスマイル(一般:35%、ゴールド:50%)が付与。
これはプラチナ、ダイヤモンドメンバーのステータスを維持していればもっと大きくなります。

・空席待ち予約が優先される

・ファーストやビジネスクラスに特典航空券で乗りやすい
みなさん、マイルを持っているからと言って、ファーストやビジネスを特典航空券で簡単に乗れると思ってはなりません。笑
優先枠なるものが存在します。上級メンバーになると当然枠が増えたり、取りやすくなります。

・国内線で当日空席があれば、アップグレードポイント注5でプレミアムエコノミーへアップグレードできる

・国際線で枠が限られるクラスへアップグレードしやすい

・国内線、国際線で使えるアップグレードポイントがANA便に一回でも乗るともらえる

注5:ANA アップグレードポイントについてはこちら、当ブログ、関連ポストで確認ください。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

・スカイコイン(SKYコイン)への交換レートが良い
但し、SFC修行僧にはど推奨クレカ、三井住友VISAワイドゴールドと変わらない。

www.anasfcmilers.com

SFCをより早く獲得するためのノウハウとは。

SFCホルダーになるためにはANAの飛行機(スターアライアンスメンバーでもポイント半分までは可)に乗ってでしか得られないプレミアムポイントなるものを貯めていくことになります。

これを出張の多い方は労せず、会社の金だけで獲得できる(言い方がいやらしい?笑)わけですが、私のようにそうではない人も多いと思われます。

なので、多分、私がやったようにプライベートフライトと出張を組み合わせながらSFCホルダーを目指すということになり、プライベートフライトの資金が必要になってきます。
これが全て自腹ならここまで盛り上がりはないわけで、この資金繰りにもノウハウ、裏技が存在するわけです。

このノウハウや裏技、やるための資格があるわけでもなく、誰でもやる気さえあればできるという方法になります。

詳しくは当ブログ、関連ポストを覗いてみてください。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

【スポンサーリンク】
 


 
マイレージ情報はこちらからも確認できますよ。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
(PCの方、+CTRL押しでリンク先に飛びません。)


f:id:tkggle7:20170826120500j:plain
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain 年間200万P以上を貯めて毎日ANAマイルに換える
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain ANA、SFC修行のためにまずやった6つのこと
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)とは
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain
 ANAマイルが貯まらないというあなたへ
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain
 新幹線宿泊出張でもANAマイルが断然貯まる
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain 国内ANA旅割の予約・発券 裏技集
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain 欧州ビジネスクラス往復、格安10万円で
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain ファーストクラスを格安で手に入れる方法