ANAマイルとSFC修行で世界旅

空陸両用ANAマイラーのSFC修行、現実的ノウハウ

【スポンサーリンク】

まだまだあるぞ。ファーストクラスを格安で手に入れる方法。

f:id:tkggle7:20170820091750j:plain
 

世界一の大富豪であるMS(マイクロソフト)社の創業者ビル・ゲイツ氏。
飛行機は必ず窮屈なエコノミークラスに乗るのは有名な話。

【スポンサーリンク】
 

訪日の際、日本の現法担当が気を利かせてファーストクラスのチケットを用意したところ、
「日本のMS社は無駄遣いをする会社なのか!
1時間ちょっと
(そりゃ、そうだ。)のフライトに

ファーストクラスとは。。。
どうして、こんな金の無駄遣いをするんだ!」唾ぺっぺっ。
と怒りまくったらしい。

ビルは到着する「時間」が一緒なら安い料金のエコノミーの座席を選ぶらしい。
怒りまくる。。。 引くわ。
でも超一流企業とはかくあるものなのね。

さて、こんなこともあり、我々庶民にもファーストクラスが回ってくることになる。
そもそも正気の沙汰ではないファーストクラス。

で、このファーストクラスに手が届く方法があるとしたら。。。
あなたならどうする?
もちろん、しこしこマイルを貯めて、という話ではない。
(そう言いながら貯めてるけど。。。)

ANAダイヤモンドメンバーになって、さて次は何やろうかな。。。と思ってたところで、ほぼ定石通り、ファーストクラスに興味を持ったので調べてみた、
というお話。
でもANAのファーストクラスのお話ではありません。

まだ実際には乗ってないので、ふ〜んって感じでお読みください。
ただ乗っても面白くないので、やっぱ格安という視点で探してみた。

実は10年前くらいに一度だけ私はファーストクラスに乗ったことがある。
アメリカの国内線で。
ご存知の方は、それで?というもの。
なのでこれ以上は触れない。笑

ファーストクラスとは

今更だが、自分を含めて分かっているようで分かっていない。
ファーストクラスとは飛行機の一番いい席です。以上。

こら、もっとちゃんと説明せんかいっ!ということで。
もう少し。(大体、そうじゃない航空会社もあるのでややこしい。)

ビジネスクラスには何回か乗ったものの、本格的なファーストクラスには搭乗経験がないので、調べてみるしかないが、

価格が違う、座席の広さが違う(個室感がさらに上がる)、CAの応対が違う、食事、飲み物が違う。そうそうチェックインカウンターが違う、ラウンジが違う。
まだまだ出てくるか。。。

ちなみに実際は、ファーストクラスの正規料金を払っている人はほとんどいないらしい。
ディスカウントが可能、また法人契約する企業に対するインセンティブになり得る。
わかりづらい表現だった、ディスカウント可能ですよ、ということを示すために敢えて高い料金を設定している、と言った方がいいだろうか。

また、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)などは、ビジネスクラスの正規料金を支払った場合にファーストクラスへの無料アップグレードを行うサービスも提供している。

法人契約は航空会社としては大きな収益源のはずではあり、見せ球という考え方はあるにせよ、大盤振る舞いしたい訳でもない。

が、ファーストクラスの価格が徐々に下り始めているのは確からしい。
去年の事になるが、スイスエアー(LX)で、ロンドン(LHR)ーモントリオール(YUL)の往復ファーストクラス価格がUSD 2,582.3(現在の円換算で284,503円)という格安で出ていたみたいだ。
今検索したら、USD 10,438だった。
逆だとUSD4,000強。
私の飛び出た目ん玉をできればお見せしたい。

業界的な事情で言うと、最近は燃費効率の良い中型機が主流で、エアバスのA380なども減産、飛行機もファーストクラスそのものの設定がなかったりする。
ANAっ子の私、欧州にファーストクラスで行こうと考えたが、フランクフルト、ミュンヘンとロンドンしかない、パリにはないの?という状況で少し寂しい(顔に似合わず、フランスが好きなのだ。)、がまあいいだろう。
今回の目的はファーストクラスに乗ること、なんだから。

冒頭のビルじゃないが、富豪やエグゼクティブはファーストクラスでなく、リーズナブルなビジネスクラスを選ぶ、なんて記事も散見される。
ファーストクラスは意外とお上りさんでどんなサービスか試してみたい、なんていう乗客も多いみたいなのだ。

だが、そんなことはどうでもいい。
お上りさんで結構だ、わしゃ乗りたい。

格安ファーストクラスはこれだ!

ファーストクラスを格安に手に入れる方法は探すと、結構ある。
ファーストクラスというか、ラグジュアリーという言葉が似合うのはエミレーツ。
そのエミレーツにも格安はあるのでご安心を。

f:id:tkggle7:20170911201527j:plain

・世界周遊チケットを買う

お得度:★★★☆☆

価格: 1,141,000円(29,000マイル以内)

手軽さ:★★★☆☆

スピード感:★★★☆☆

航空会社:スターアライアン注1、ワンワールドなど

これはかなり有名な手法。
100万円越え。(二度見したあなた、ごめんなさい。)
話が違うと思った御仁。少々お待ちを。
簡単に言うと、

・マイル制注2の世界一周航空券

・全旅程で16区間以内、途中降機は3から15回まで

・同じ都市での途中降機は1回だけ、経由・乗り換えは3回まで

旅行期間は最短で10日間程度(発行会社によっては12日間)。航空会社は例えば、スターアライアンス加盟の航空会社で旅程を構成する。
最長1年以内であれば、何回か分けて使うこともできる。
例えば、途中、別の航空券を使って一時帰国して、また出発地に戻る。
なんとか出張も絡められないか考えてしまう。。。笑
領収書を分けて発行してもらえないものだろうか。聞いてみようかな。
で、料金、こんな考え方もできる、

16区間飛べるので単純計算でも69,625円/区間。
100万円越えで引いた方、いかが?

注1:スターアライアンスは下記の航空会社で構成されている。
ANA、アシアナ航空、中国国際航空、深圳航空、エバー航空、シンガポール航空、タイ国際航空、ユナイテッド航空、エア・カナダ、コパ航空、TACA航空、アビアンカ航空、クロアチア航空、アドリア航空、スカンジナビア航空、TAP ポルトガル航空、LOTポーランド航空、エーゲ航空、ブリュッセル航空、オーストリア航空、スイスインターナショナルエアラインズ、ルフトハンザドイツ航空、ニュージーランド航空、ターキッシュ・エアラインズ、南アフリカ航空、エジプト航空、エチオピア航空 

注2: マイル制とは旅程にある全区間(地上区間も含む)のマイレージを合計し、その合計距離が許容範囲にあてはまる運賃を適用。
【関連リンク】

www.sekai1.co.jp

・世界周遊の特典航空券を申し込む

お得度:★★★★☆

価格:177,778円

手軽さ:★☆☆☆☆

スピード感:★☆☆☆☆

航空会社:スターアライアンス

おや?やっぱりマイル使うの?は甘んじてスルー。なのですが、前述の世界一周的なアプローチなので、これまたかなりお得。
ANAマイルでANAサイトから特典航空券予約ができる。
世界一周の旅程のみ、全旅程の距離(区間基本マイレージの合計。地上交通区間は移動マイルとして計算に含めない。)に応じて必要マイル数を算出。
ルールはこんな感じ。

・太平洋、大西洋を1回ずつ飛行機を利用して横断する必要がある。

・ルートは東回り、あるいは西回りのどちらかで逆回りはできない。

・出発地と最終帰着地の間で最大8回の途中降機(24時間以上の滞在)が可能。(ただし欧州での途中降機は3回まで、日本国内での途中降機は4回まで。)

・出発国に戻る最後の国際線搭乗は、最初の国際線搭乗から10日目以降になる。

・旅程は最大12フライト区間に加え、最大4区間の「地上移動・同じ都市での異なる空港間移動」が可能。

・スター アライアンス加盟航空会社のみが対象。

必要マイル数表

f:id:tkggle7:20170917170611j:plain

※ 各区間基本マイレージの合計数です。
※ 世界一周の旅程は、飛行距離の合計から必要マイル数を算出します。
※ シーズンによる必要マイル数の変動はありません。

【関連リンク】下記、ANAの公式サイト、「世界一周」のところをご覧あれ。

www.ana.co.jp

【関連リンク】下記、スターアライアンスのページでルート別基本マイレージは検索するのが良い。
https://bookandfly.staralliance.com/en/bookandfly/rtw

SERCH FOR・・のボックスに都市名を入れていき、プルダウンに表示されて、選択。その後、「ADD」を押す。
そうすると、下の「DESTINATIONS」のところに順番に追加表示されていく。
さらにその下の「ITINELARY STATUS」のところに各算出された情報が表示されていく。
まだ、ニューヨークまでなので「INCOMPLETE」赤字で表示。

f:id:tkggle7:20170920194809j:plain
「LONDON」に戻ったので、「COMPLETE」。

f:id:tkggle7:20170917173122j:plain

ちなみにこの旅程、総マイルが17,171なので、マイル表から160,000ANAマイルで良い。
金額にすると、177,778円
何故かは下記、当ブログ、関連ポストにて。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

むろん、ANAマイルを持っている人は楽勝。手軽さ、MAX。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

こちらも世界周遊券と同じく、途中帰国すれば何回かに分けて楽しめる。

あっ、ロンドン、フランクフルト、ニューヨーク、東京、ロンドン全てファーストクラスでいけるか確認してない。ビジネスクラスになる場合もあるのでご容赦を。

ロンドンにどうやっていくか?

LCC使えなどと貧乏くさいことは言いません。

東京起点で検索し直せば良いよ。笑

・アビアンカ航空のマイルを買って、ファーストクラスを予約する

お得度:★★★☆☆

価格:87,120円(片道)

手軽さ:★★★★☆

スピード感:★★★★☆

航空会社:スターアライアンス

詳しい方法は当ブログ、関連ポストにて。マイルを買って、フライト予約までできてしてしまう。
例えば、関西空港からタイ・バンコクまで、片道792USD、
日本円換算で、87,120円。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

・関西空港発のパッケージツアーでこんなのがある。

お得度:★☆☆☆☆

価格:555,000円(往復)

手軽さ:★★☆☆☆

スピード感:★★★☆☆

航空会社:エミレーツ航空

エミレーツ航空、関西空港発のヨーロッパ行き航空券の
ファーストクラス利用の料金表。
f:id:tkggle7:20170821054400j:plain
下記の掲載料金を適用できるのは下記の都市。 
【ロンドン、フランクフルト、アテネ、マドリッド、バルセロナ、リスボン、パリ、ローマ、 アムステルダム、イスタンブール、マンチェスター、バーミンガム、グラスゴー、ミュンヘン、ハンブルグ、デュッセルドルフ、ウイーン、 チューリッヒ、モスクワ、ミラノ、ニース、ベニス、プラハ、ジュネーブ、コペンハーゲン、 サンクトペテルブルグ、リヨン、ワルシャワ、 ストックホルム、オスロ、ブリュッセル、ブダペスト、ダブリン、ニューキャッスル】

f:id:tkggle7:20170911201121j:plain

f:id:tkggle7:20170911201128j:plain

いずれも、ドバイ経由。予約を進めると、ドバイからヨーロッパ行きが怪しい。
ファーストクラスでないようにも見える。なので、問い合わせたところ、ないルートはビジネスになってしまうらしい。(でも無論、ファーストクラスになる場合もある。)
仕方がないといえば仕方ないか。。。
でもエミレーツである。乗りたい。乗ってみたい。

【関連リンク】

www.uutravel.ne.jp

・ キャンペーンを利用する

お得度:★★★☆☆

価格:356,300円から

手軽さ:★★☆☆☆

スピード感:★★★★☆

航空会社:エティハド航空

【関連リンク】

flights.etihad.com

f:id:tkggle7:20170911202730j:plain

価格は往復。
すみません、予約期限が過ぎている。。。
なのでニュースレーターにでも登録しときましょう。
ちなみにこのキャンペーン。
8月もやっていたらしい。。。笑
f:id:tkggle7:20170911202930j:plain

こんなオファーもある。お得度アップするかな。

www.etihad.com

「エティハド航空の確定済みアブダビ経由航空券でご旅行の、ファーストクラス、ビジネスクラス、およびザ・レジデンスのお客様を対象に、無料ストップオーバーキャンペーンを実施しております。

ビジネスクラスのお客様は、アブダビの 5 つ星ホテルでのご宿泊 1 泊を、ファーストクラスのお客様は 2 泊を無料でご利用いただけます。」だそうです。

 

・ 以遠権を利用する

お得度:★★☆☆☆

価格:往復12万円くらいから

手軽さ:★★★★☆

スピード感:★★★★☆

航空会社:エミレーツ航空、またはタイ航空など

以遠権と言うのは、国際航空運輸において、自国から相手国を経由して、相手国からさらに先にある別の国への区間についても営業運航を行なう権利。
と言うか、途中降機的にどこぞの国に途中降りて、その国の乗客もさらえると、最終目的地への直行便より席は埋まるし、なんだったら、ディスカウントして、経由国から最終目的地にしか飛んでいない航空会社よりも魅力を出して、お客さん、持っていっちゃうよ、と言うもの。

だから安くできる、安く設定する。なーんか、微妙に政治的な匂いのする制度であり、権利。

これで有名なのはまたしてもエミレーツ航空、香港ーバンコク間で12から14万円くらい。
【関連ポスト】

www.anasfcmilers.com

下記はタイ航空の予約結果。現在タイバーツ3.34円。
タイ航空の場合、バンコク発、往路でスワンナム空港のロイヤルファーストクラスラウンジの超VIP体験ができるのでオススメ。

f:id:tkggle7:20170917162857j:plain
以遠権フライトはこちらでも確認できる。
英語だけど、まあ大丈夫。
ファーストクラス限定ではない、以遠権フライトが常に安い訳ではないので、ご注意。
【関連リンク】

www.flypointyend.com

【スポンサーリンク】
 


マイレージ情報はこちらからも確認できますよ。
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ「ポイント・マイル」ブログランキング参加中
(PCの方、+CTRL押しでリンク先に飛びません。)


f:id:tkggle7:20170826120500j:plain
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain 年間200万P以上を貯めて毎日ANAマイルに換える
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)とは
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain
 ANAマイルが貯まらないというあなたへ
f:id:tkggle7:20170924130605j:plain
 新幹線宿泊出張でもANAマイルが断然貯まる
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain 国内ANA旅割の予約・発券 裏技集
f:id:tkggle7:20170924130756j:plain 欧州ビジネスクラス往復、格安10万円で